借金が返せない!どう返済すればいい?

どうしても借金返済できない場合は債務整理も1つの手!

 

 

借金が返せない場合はどうすれば良いのでしょうか?

 

止む無く借金をし返済できずに苦しんでいる債務者は日本全国にいます。

 

借りたお金は返すのが常識ではありますが、事情によって返せないという方は意外と多いです。

 

借金が返せなくなると暴力的な取り立てが行われると思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にそのような事はありません。

 

夜逃げを考える方もいますが根本的な解決にはなりませんし、直ぐにバレますので止めましょう。

 

また返すお金がないからといって新たに借金をしてしまうと更に泥沼にハマってしまいますので、これも絶対にしてはいけません。

 

そもそもブラックリストや多重債務者は「すぐお金借りたい」と思っても貸してくれる金融はありません。

 

ただ、借金問題は合法的に解決することが出来ます。

 

任意整理、個人再生、自己破産、これらの手続きを取ることで借金を減額もしくは帳消しにすることが可能です。
これらの手続きを総称して「債務整理」と言います。

 

債務整理は個人もしくは法律事務所に依頼して行います。
個人でやる場合は費用を安く抑えることが出来るメリットが有りますが、全ての手続きを自分で行いますので非常に面倒です。
聞き慣れない法律用語も多いですし、裁判所に出向いて手続きを取るなど時間もかかります。

 

弁護士や司法書士に依頼すれば全ての手続きを代行してくれます。
もちろん報酬や費用を支払う必要はあります。
ただ債務整理は債権者と交渉し、最終的にいくら減額するのかを決めることになります。
専門家であれば交渉を優位に勧めることが出来ますが、一般人には中々難しいことです。
また個人ですと相手にしてくれない業者もあり中々上手いこと行きません。
ですから確実に債務整理を行いたいのであれば依頼してしまったほうが良いのです。

 

法律事務所によっては費用を分割払いで対応してくれるとこともありますから、支払が難しいという方も一度相談してみると良いでしょう。

 

債務整理をすると信用情報機関に「事故情報」として記録され、5年〜10年の間は消えません。
この間は銀行やカードローン会社からお金は借りれないですからお忘れなく。
社会的信用を失ったわけですからこれは仕方ありません。
ただ普通に生きていく分には何の不自由もありませんので、その点はご安心下さい。

 

どこも貸してくれないからと言って闇金融に手をだすような事は絶対にしないで下さい。
違法な金利で貸し付けてきますので、返済が延々に続き自分だけでなく周囲の人にも迷惑をかけることになります。
また債務整理中に借金していることが発覚すれば依頼している法律事務所から依頼を断られる可能性があります。
借金が原因で債務整理を行うことになったわけですから、これを機に借金に頼らない生活をおくることです。