ビジネスローン審査で甘い所はある?

事業資金融資の審査が甘い業者はあるの?

 

ビジネスローンで資金調達が

できなかったときの秘策はコチラ!

↓ ↓ ↓ ↓

 

事業運転資金やつなぎ資金を調達するためにも、銀行のビジネスローンや商工ローンで借入れを検討している方は多いのではないでしょうか?

 

ビジネスをする上で資金繰りは非常に重要な要素を占めていますので、ショートさせるわけにはいきません。

 

赤字経営や倒産をさせないためにも資金調達は確実にしたいところですが、どこの銀行のビジネスローンも審査は厳しく見られます。

 

ましてや大口借入が基本になりますので、なおさら借りるのは厳しいのが現状です。

 

実際に融資を断られたという方も多いのです。

 

銀行に比べ商工ローンは審査が比較的甘い・緩いと言われており通りやすいようですが、その分金利は高めであることが殆どです。

 

高金利での借入れは大きな負担となりますので、商工ローンは避けたいところです。

 

 

 

これら以外の資金調達方法として注目されつつあるのがファクタリングです。

 

企業の売掛債権をファクタリング会社が買い取り、早期に資金化する事を可能としており、即日資金を調達することもできる迅速さが魅力です。

 

本来支払期日にならないと債権の回収は出来ませんが、ファクタリングなら前倒しで調達が可能ですので、急ぎのようで資金が必要となった時も安心です。

 

銀行ほど審査が厳しくなく、来月の入金が100万以上で、毎月安定して売掛金が発生していれば依頼できる可能性は十分にあります。

 

条件によっては即日にも対応していますので、まずは各ホームページで詳細を確認してみてはいかがでしょうか?


 

「取引先への支払い期限が迫っているのに事業運転資金が不足している」「従業員の給料を支払うための資金繰りが出来ない」などなど、中小企業や個人事業主にとって運転資金の悩みはよくあることです。

 

資金繰りをするため、銀行などの金融機関で融資をしてもらえれば問題無いのですが、そう簡単に借入出来るものではありません。

 

栃木県で金融業を営んでいるサンワフィナンシャル株式会社でもビジネスローンや不動産担保など、いくつかの事業者ローンを提供していますが、こちらも条件を満たしていなければ融資は実行されません。

 

サンワフィナンシャル株式会社のビジネスローンは最大2,000万円まで、そして不動産担保ローンは土地や建物、マンションなどを担保に入れることで最大一億円までお金を借りることが出来ます。

 

このようなまとまったお金を借りられれば事業を立て直すことが出来るかもしれませんが、サンワフィナンシャル株式会社としても金利という収益を得ることが出来る反面、貸し倒れというリスクがあるワケですので、甘い審査で通りやすい基準にすることは出来ません。

 

残念ながらどこのビジネスローンも厳しい審査であり、緩い審査で貸してくれる金融業者はありません。

 

もしこれら大口融資へ申し込みをして断られてしまった場合には、ファクタリングの利用を検討しましょう。

 

ファクタリングは融資ではなく、現状発生している売掛金を買い取ってもらい即日現金化するサービスですので、審査基準が異なるのです。

 

安定した売掛金などいくつかの条件は定められていますが、資金調達出来る可能性は高いので、まずは実際に申し込みをしてみてください。

続きを読む≫ 2015/09/29 23:10:29

 

日本証券金融のビジネスローンに申込を検討されている方は、融資額や金利は勿論、審査が厳しいのか等も気になる所かと思います。

 

日本証券金融の事業者ローンは、3000万円〜最高で5億円と超大口融資を可能としたビジネスローンです。

 

金利は年1.8%〜5.8%とかなりの低金利ですので毎月の返済も軽くて済みます。

 

日本証券金融で借り入れできれば良いですが、借り入れ限度額が高いことから決して審査自体は甘くはないということがお分かりいただけるかと思います。

 

 

銀行や消費者金融でも事業者ローンは取り扱っていますので、そちらで資金調達を考えると良いでしょう。

 

但し銀行も審査は厳し目に見られますので、まずは資金繰りを順調にしてからでないと、申し込んでも融資を受けることは難しいかと思います。

 

消費者金融なら直ぐに借り入れが可能ですが、金利負担が大きいので一時的に資金繰りが回復しても直ぐに返済が困難になり最悪の場合借り入れ前よりもひどい状況になりかねません。

 

 

そこでオススメなのがファクタリングです。

 

借り入れではない資金調達として近年日本の多くの企業が注目しています。

 

手数料がかかりますが、売掛金債権を資金に変えますので審査も比較的緩めで利用しやすいです。

 

事業運転資金のようなまとまった資金に即日の対応もできますので、長期的な取り引きにも最適です。

 

注意点として個人事業主は利用出来ないことです。

 

今のところ法人のみに対応した金融サービスですので、お間違えないように。

続きを読む≫ 2015/05/05 23:59:05

 

SKYCREDIT(スカイクレジット)のビジネスローンは、最高融資額1000万円、年率は5.00%以下、法人又は個人事業主の方が利用可能です。

 

借入期間は5年と比較的余裕を持って返済することが出来ます。

 

スカイクレジット株式会社の事業者向けローンは、原則無担保・無保証で利用可能ですが、大口の事業融資となるため、利用するための条件が厳しいようです。

 

もちろん、SKYCREDITの融資審査は甘くはないので、申込前に気になる店があれば必ず内容を確認するとよいでしょう。

 

またスカイクレジットの法人融資は「エリア限定」となりますので、該当地域でない方は利用不可となります。

 

 

もしスカイクレジットでの借入が無理なのであれば、銀行や消費者金融の事業者ローンであれば全国対応しているところが多いですから、そちらを検討してみるとよいでしょう。

 

但しどちらも審査は残念ながら甘くありませんので、借り入れできるとは限りませんのでその点はご了承下さい。

 

 

それ以外だと、売掛債権を専門業者に買い取ってもらい資金に変える「ファクタリング」というサービスもありますので、融資による資金繰りが苦しい場合は検討してみると良いかと思います。

 

消費者金融にも負けないスピード対応、銀行にも引けを取らない大口資金化が可能ですのでメインの取り引きとしても申し分ありません。
事業運転資金のような「大口のまとまった資金」を即日対応してくれる場合もあるので、重宝されている企業さんも多いようです。

 

気になる審査基準ですが、売掛金が発生していれば通りやすいほど緩めですので、まずは相談だけでもしてみると良いのではないでしょうか?

続きを読む≫ 2015/05/05 23:46:05

 

東京青山を拠点にしている湊屋商事では、資金ショートで頭を抱える企業や会社を融資という形で強力にバックアップしてくれるビジネスローンを取り扱っています。

 

まず「無担保ビジネスローン」ですが、最もポピュラーな資金調達方法であり、最大2000万円まで最短1営業日での借入を可能にしています。

 

すぐにでも資金繰りをしなければいけない時には非常に助かります。

 

そして「診療報酬債権担保ローン」は、将来発生する診療報酬債権を湊屋商事に譲渡する必要がありますが、3000万円とまとまった事業運転資金の借入が出来ます。

 

新規事業開発や企業再生など多額のお金が必要な場合には、「不動産担保ローン」があり、最大で5000万円までとなります。

 

このようにいくつかのビジネスローンがありますが、全てにおいて湊屋商事の審査基準は非常に厳しいといえるでしょう。

 

なぜならビジネスローンのような大口の融資は審査は慎重になるのが基本だからです。

 

このように、通りやすい審査では無いことから、少しでも審査の緩い金融機関をお探しでしたら湊屋商事は不向きかもしれません。

 

 

 

もし湊屋商事で断られた場合には、売掛金の買取サービス「ファクタリング」の利用もお勧めです。

 

条件を満たしていれば高確立で即日の資金調達が可能です。

 

法人のみが利用可能なサービスであり、個人事業主だと利用は出来ませんが、すぐにでもつなぎ資金が必要という時でも安心です。

 

詳しい利用条件などは、ファクタリング会社のサイトを見てみるといいでしょう。

 

無料で「いくら資金調達できるのか?」の見積もり診断してくれるので、気になるのであればチェックしてみましょう。

続きを読む≫ 2015/04/23 20:47:23

 

不動産担保ローンで融資実績が33年と信頼と実績のある日宝では、「不動産活用ローン」という名称で法人個人問わずに事業運転資金やつなぎ資金などの資金繰りをすることが出来ます。

 

驚くことに最大5億円までの融資が可能なことから、これから新しい事業に参入する企業や会社にとって大きなサポートに繋がること間違いありません。

 

気になるのは日宝の審査で断られたというケースが結構多くあることで、通りやすい審査では無いということです。

 

大口融資のため厳しい審査となり、「甘いビジネスローンで借入をしたい」「緩い審査基準で即日に資金調達が必要」といった場合にはオススメ出来ません。

 

では日宝のビジネスローンで断られてしまった場合はどうしたらいいのでしょうか?

 

日宝やその他金融機関でなくとも、資金ショートの悩みを解決出来る手段は実はほかにもあります。

 

 

 

それは、いわゆるファクタリングというサービスです。

 

これは取引先からの「入金待ち状態」になっている売掛金を即時に買い取ってもらうことが出来るサービスとなります。

 

毎月売掛金が安定している発生していること、そして来月に100万円以上の売掛金の入金がある場合に限り利用出来るサービスで、個人事業主の利用は出来ません。

 

条件を満たしている法人企業であれば、即日の資金獲得も問題ありません。

 

ファクタリングでどのくらい資金調達が出来るかを無料で見積もり診断してくれるサイトがあるので、まずは実際に利用してみてください。

続きを読む≫ 2015/04/23 20:41:23

 

ジャパンネット銀行では、法人・個人事業主向けのビジネスローン「JNBストアローン」を提供しています。

 

50万円から最高で1000万円まで借入れ可能で年率は8.2%とかなりの低金利です。

 

この事から融資を希望する企業は多いようですが、ジャパンネット銀行のビジネスローンはYahoo!ショッピングに出店している法人・個人事業者が対象となります。

 

また審査自体も厳しく、融資を断られたという人が多いようです。

 

 

ジャパンネット銀行のビジネスローンがダメな場合、他には商工ローンで資金繰りをする方法もあります。

 

ですが、高金利で負担が大きいので長期的に事業運転資金を調達するのは避けたほうが良いでしょう。

 

審査は甘い・緩いと言われており、即日といかなくても融資までの期間は短くつなぎ資金としてだけで利用するのであれば良いのかもしれません。

 

ただし、銀行から融資を受けている場合は貸し剥がしに合う危険性がありますので該当する方は利用を控えたほうが良いかと思います。

 

 

 

銀行・商工ローンそれぞれにメリットデメリットがありますが、最近ではファクタリングと呼ばれる資金調達方が注目されているのをご存知でしょうか?

 

ファクタリングは銀行などから融資を受けるのではなく、ファクタリング会社に「現在ある売掛け債権」を買ってもらい、支払期日前に資金化ができる方法なのです。

 

通常売掛け債権は支払期日前に回収することは出来ません。

 

しかしファクタリングなら、それが可能ですので早ければ即日にも資金化できるほどの対応スピードを誇っています。

 

より資金ニーズに対応することができるだけでなく、リスクヘッジも兼ね備えていますので一時的でなく長期的に活用しようとする企業も多いのです。

 

気になる審査ですが、売掛け債権が毎月安定して発生しており来月の入金が100万円以上あれば比較的通りやすいようです。

 

ただし個人事業主は依頼できないようですので、その点はお間違えないようご注意ください。

 

ジャパンネット銀行でビジネスローンをと考えていた人は、資金ショートに陥る前にファクタリングで早期の資金化を図ってみてはいかがでしょうか?

続きを読む≫ 2015/04/23 20:36:23

 

三鷹産業の事業者ローンは、融資額はいくらなのか、金利はどれぐらいか、審査は甘いのかなど気になる方は、是非とも参考にしていただければと思います。

 

三鷹産業の事業者ローンの融資額は100万円〜1,000万円、金利は7.00%〜14.80%となっています。

 

審査・融資の早さが売りで、即日借入れも難しくありません。

 

気になる三鷹産業の審査基準ですが、銀行などに比べ緩い傾向にありますが、比較的審査は厳しいと言われています。

 

大口の金額を融資するとなれば、審査が厳しくなって当然です。

 

 

三鷹産業の融資に申し込み、万が一のことを考え、ほかの商工ローンにも申し込むという企業は少なくありません。

 

ですが多くの商工ローンは高金利な上に、評判があまり良くありません。

 

銀行融資を打ち切られたり貸し剥がしのリスクが有りますので、出来れば融資は止めておいたほうが良いでしょう。

 

 

 

オススメの資金調達法はファクタリングです。

 

毎月安定した売掛債権が発生していれば依頼できる可能性は高く、売掛債権の支払期日前に資金を提供してもらうことが出来ます。

 

借入れではない為、審査方法も異なり、信用情報に履歴が残ることも、取引先に知られる心配もありません。

 

リスクヘッジも備わっていますので事業運転資金として活用し始める企業が年々増加しています。

 

条件は依頼する会社によって異なりますので、まずは詳細を確認してみてください。

 

続きを読む≫ 2015/04/23 20:30:23

 

大型ショッピングセンターでおなじみのイオンでもイオン銀行としてビジネスローンを提供しています。

 

融資を受けるには面談が必要となり、契約は店舗にてする事となりますので手間がかかります。

 

その為、具体的な内容も実際に相談してみないことには分からない状況です。

 

銀行が提供するビジネスローンですので審査が厳しいのは言うまでもありません。

 

多くの銀行では業歴が2年以上で債務超過がないことが最低条件として掲げています。

 

そのため、業績がかなり赤字だったりすると、イオン銀行でも事業資金融資は厳しいといえるでしょう。

 

 

銀行からの融資を断られた場合、商工ローンから借入れをするという手もあります。

 

即日とまでとはいかなくても、早い段階で融資を行ってくれることが多く事業運転資金だけでよりかは、つなぎ資金としても利用される企業が多いようです。

 

高金利であることも理由の一つに挙げられます。

 

金利負担が大きいと経営を圧迫しかねませんので一時的な付き合いで利用するにとどめたほうが良いでしょう。

 

 

 

では銀行以外で長期的に資金繰りができる方法は他にないのでしょうか?

 

実は今、企業の多くが注目しているサービスがあります。

 

それがファクタリングです。

 

このサービスは、銀行や商工ローンから融資を受けるのではなく、売掛け債権を譲渡し早期に資金化するというものです。

 

売掛け債権は基本的に支払期日がこないと回収できません。

 

急ぎの用で資金が必要となった時でも取引先にお願いをしたところで応じてくれることはまずありません。

 

しかしファクタリングを利用すれば、支払期日前に売掛け債権を資金化できますので、ニーズに合わせやすいというメリットがあります。

 

即日にも資金調達することも難しくないですから、直ぐにでも資金が必要となった時も対応できる柔軟さがあります。

 

今までよりも迅速的で効率的と言えるでしょう。

 

 

また、取引先企業が万が一倒産してしまっても保証してくれるケースもありますので、リスクマネジメントも兼ね備えていることから多くの企業がファクタリングを取り入れ始めています。

 

毎月売掛金が安定して発生しており、入金が100万円以上あれば比較的審査には通りやすいようですので、まずは詳細だけでも確認してみると良いでしょう。

 

資金がショートしてからでは遅いですから、新たな手段として是非とも検討してみると良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/04/23 20:22:23

 

出光クレジットの事業者向け不動産担保ローンというのは、固定金利で100万〜5000万円までの事業性資金を借入することができ、日本全国の個人法人問わず融資を受けることが出来ます。

 

審査結果の回答は他の金融機関のビジネスローンと比較して少々時間が必要で、最短5日となっていることから、事業運転資金がショートし、今すぐに資金繰りをしなければいけない時などには不便です。

 

さらにちょっとしたつなぎ資金であったとしても、出光クレジット・ビジネスローンの審査基準は正直甘いものではなく、厳しい審査で断られたというケースが多くあるようです。

 

少しでも緩い審査で、気軽に通りやすいビジネスローンをいくつか探してみましたが、やはり出光クレジットと大差は殆ど無く、どこも厳しいもののようです。

 

 

 

そこで金融機関とは異なる審査で「即日にまとまったお金を調達出来る」というファクタリングのご利用をオススメします。

 

簡単に言えば売掛金をすぐに買い取ってくれるサービスであり、安定した売掛金が常時発生していればファクタリングの申し込みが出来ます。

 

これにより、「入金がズレて今月の人件費が払えない...汗」といった悩みも解決してくれます。

 

ただし個人事業主の利用は出来ませんので注意が必要です。

 

詳しくは無料で見積もり診断が出来るサイトをご確認してみてください。

 

倒産危機を救ってくれるファクタリングは、今や当たり前の資金調達方法の一つなのです。

続きを読む≫ 2015/04/23 20:14:23

 

2000年に称号変更されてからというもの、怒涛の勢いで知名度が広がってきた金融機関である新生銀行ですが、そのグループに新生プロパティファイナンスと呼ばれるファイナンス会社があります。

 

新生プロパティファイナンスでは法人の事業者向け不動産担保ローンを提供しており、事業拡大の資金繰りや新規事業における事業運転資金はもちろん、緊急性を伴うつなぎ資金にも利用することが出来ます。

 

実態に即した審査、そして迅速な融資で対応してくれます。

 

ただし、この新生プロパティファイナンスの審査は決して緩い基準ではなく、全ての会社や企業に対して平等の厳しい審査が行われます。

 

簡単に通りやすい審査で借入が出来れば良いのですが、実際のところは断られたという法人は多いようで、資金ショートの悩みを解決出来ずにいます。

 

やはりビジネスローンというのは大金を貸し付けするわけなので、どこも甘い審査ではありません。。

 

 

 

そこで、ファクタリングを利用して資金調達することをオススメします。

 

つまり取引先の売掛金を入金日まで待つこと無く、即日に買い取ってもらう取引サービスのことであり、毎月安定した売掛金がある法人でしたらファクタリングを利用することが出来ます。

 

ファクタリング会社で無料見積診断をやってくれるサイトがあるので、利用条件のチェックや、無料診断をしてみましょう。

 

すぐに事業運転資金を資金調達することも十分可能ですよ。

 

続きを読む≫ 2015/04/23 20:09:23

 

ここでは日本保証が提供するビジネスローンエール500について解説しています。

 

融資額や年率、また審査が甘い・緩いのかなど気になるのであれば、是非とも参考にしていただければと思います。

 

日本保証のビジネスローンの融資額は50万円から最高で500万円。

 

年率は9.8%〜18.0%と、比較的利用しやすいです。

 

気になる担保と保証人は原則不要ですので、手間がかかりません。

 

株式会社日本保証の審査は、やはり大口の融資になりますのでかなり厳しめと見たほうが良さそうです。

 

特に業績が悪化していたり、会社を立ち上げたばかりの企業ですと借入れするのはまず無理でしょう。

 

 

他の資金繰りとしては、商工ローンを利用する手もあります。

 

審査は比較的通りやすいようですので、借入れするのはそう難しくないようです。

 

但し、金利がかなり高いですから一時的なつなぎ資金としても利用するぐらいで、長期的には向いていません。

 

資金がショートしそうな時などの緊急で利用すぐらいしかメリットはないかと思います。

 

 

 

日本保証や商工ローン以外で資金を調達する方法としてオススメなのが「ファクタリング」です。

 

来週には売掛け債権の回収ができる目処が立っているにもかかわらず、直ぐにでも資金が必要なケースというのは珍しくありません。
しかし本来の売掛け債権は支払期日にならない限り回収ができないのはご存知かと思います。

 

ファクタリングは、売掛金をファクタリング会社に譲渡して、支払いの期限前でも資金化できる方法なのです。
場合によっては即日も可能なほど迅速に対応できる大きなメリットがあります。

 

 

また、万が一取引先の企業が倒産してしまい、事実上債権の回収が不可能となった場合でも、ファクタリング会社が保証してくれることがありますので、リスクヘッジにもなります。

 

この事から一時的なつなぎ資金としてだけでなく、長期的に事業運転資金の運用のために利用する企業も多いのです。

 

 

ファクタリングを依頼するためには、毎月の売掛け債権が安定して発生していること、来月の入金が100万円以上あること、この2つの条件を最低でも満たしている必要があります。

 

銀行から融資を受けるための審査よりも厳しくなく利用できますので、中々資金繰りが上手くいかないようであれば利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

ただしファクタリングは法人企業のみ利用可能となっていますので、個人事業主の方はお間違えのないように注意してください。

 

資金がショートする前に是非とも一度検討検討してみると良いのではないでしょうか?

続きを読む≫ 2015/04/23 20:03:23

 

山陰信販株式会社で提供している事業運転資金サポートプランが「ビジネスローン元気くん」です。

 

その名の通り会社や企業を元気になる融資商品であり、実質年率15%で最大500万円までの借入をすることが出来ます。

 

個人事業主でも法人でも無担保で利用することができ、10万円単位での借入が可能ですので、「今月を乗り越えるためのつなぎ資金を少しだけ借りたい」という時でも安心です。

 

しかしネックとなるのが山陰信販の審査基準であり、大口融資なのでどうしても厳しい審査となるようです。

 

もし断られた場合には他の方法を検討する必要があります。

 

だからと言って他の金融機関に申し込みをしたところで、通りやすいビジネスローンはほぼ皆無であり、甘い審査と言ったら中小の金融業者くらいでしょう。

 

でもどんなに緩い審査で借りやすいと言っても、中小金融を利用するのはいささか抵抗があるかと思います。

 

 

 

では、例えばファクタリング会社に依頼をして、売掛金を買い取ってもらう資金繰り方法なんていかがでしょうか?

 

ファクタリングでしたら、資金ショート時でも即日に資金調達をすることが出来ますし、銀行とは異なる審査ですので金融機関で断られた場合でも問題ありません。

 

ファクタリングの条件や利用方法などは、まずは無料の見積もり診断サイトへアクセスをしてみてください。

続きを読む≫ 2015/04/23 19:59:23

 

三菱東京UFJ銀行のビジネスローンとして「融活力」という金融商品があり、これは会社の事業運転資金などで最大500万円まで融資を可能にしています。

 

「つなぎ資金としてすぐに100万円が必要」「赤字が続いて資金繰りがショートしてしまい、倒産を回避するために500万円を借入したい」という時などに融活力は大きな支えになってくれることでしょう。

 

ではそんな三菱東京UFJ銀行の商工ローンの審査は甘いのでしょうか?

 

とっても気になることかと思いますが、残念ながら決して緩い審査基準ではありません。

 

大口融資となるので、銀行からしてみれば通りやすい審査ではリスクが大き過ぎることから、厳しい審査基準を採用しています。

 

 

 

万が一三菱東京UFJ銀行のビジネスローンで断られた時には、取引先の売掛金を買い取りしてもらえるファクタリングというサービスを利用し資金調達をしてみてください。

 

業績悪化で事業再生資金の調達方法としてもファクタリングが非常にオススメで、バランスシートにも融資の負債として残ることはありません。

 

しかも即日に資金調達が出来ることから、すぐにお金が必要な時に大変オススメです。

 

ただし条件があり、毎月安定している売掛金があり、さらに来月の入金が100万円以上無ければいけません。

 

また個人事業主や個人などでは利用出来ませんのでご注意ください。

続きを読む≫ 2015/04/23 19:55:23

 

協和信用保証株式会社のビジネスローンは不動産担保ローンを採用しており、お持ちの不動産を担保に入れることで審査の上、融資を受ける(借入を行う)ことが出来ます。

 

300万円から最大10億円までの資金繰りが可能で、事業運転資金はもちろんのこと、新しい事業資金、創業資金など様々な用途に利用することが可能です。

 

もちろんちょっとしたつなぎ資金としても問題なく、原則として東京、埼玉、千葉、神奈川で不動産をお持ちの法人を対象としています。

 

協和信用保証株式会社は銀行や信用金庫などの金融機関とは異なることから、「もしかしたら甘い審査で借入が出来るかもしれない」っと考えてしまうかもしれませんが、決してそんなことはなく、もちろん厳しい審査基準を満たしていなければ融資はしてもらえません。

 

赤字が続いている会社や企業にとって、少しでも緩い通りやすい審査をお望みかと思いますが、残念ながら「断られた」という事例が多く、資金ショートの悩みを解決出来ずにいます。

 

 

 

しかしファクタリングでしたら売掛金さえ安定していれば、金融機関とは異なる審査が行われることから、即日に資金調達をすることも出来ます。

 

ファクタリングをご利用を検討している場合には、利用条件をチェックする意味でもまずはファクタリング会社の無料見積もり診断サイトをご確認してみてください。

続きを読む≫ 2015/04/23 19:19:23

 

ここではリアルエステートの事業者ローン・商工ローンについて解説しています。

 

事業運転資金の調達を検討している方は参考にしていただければと思います。

 

融資額は100万円〜1000万円まで可能です。

 

リアルエステートは申し込みから融資まで最短即日のスピード対応で、急な資金調達にも安心して借入できます。

 

経営規模や業種を問わず、また担保や第三者保証人不要となります。

 

開業資金としても利用できます。

 

 

リアルエステートのような商工ローンは、審査が緩い傾向にあり、確かに銀行などに比べ借入れはし易いですが、「高金利」が基本です。

 

そのため、一時的に資金繰りが良くなったとしても、その後の返済が困難となりますので、十分な注意が必要です。

 

もちろん、会社の業績が悪く赤字であれば融資してもらえないでしょう。

 

銀行から融資を受けたい企業は多いかと思いますが、審査条件が厳しく借入れが難しいのは言うまでもありません。

 

 

 

そこで、まずはファクタリングと呼ばれる資金調達法で「潤沢な資金繰り」されることがオススメします。

 

自社の売掛債権をファクタリング会社に譲渡することで、すぐに資金化を図ることが出来る金融サービスです。

 

借入れではないので貸借対照表も負債にならず、信用情報機関の信用情報にも履歴が残りません。

 

審査条件は各会社によって違いますが、毎月安定した売掛債権が発生していると通りやすいです。

 

無料で相談を受付けている会社もありますので、まずは詳細を確認してみてはいかがでしょうか?

 

条件を満たせば、即日で資金を得ることも十分に可能ですよ。

続きを読む≫ 2015/04/23 19:11:23

 

大型通販サイトとして認知度の高い楽天でもビジネスローンを提供しているのをご存知でしょうか?

 

ここでは楽天銀行のビジネスローンの詳細についてお話ししていますので資金繰りを検討しているのであれば、是非とも参考にしていただければと思います。

 

楽天スーパービジネスローンは、50万円から最高で3000万円まで融資を可能としています。

 

年率は3.0%〜15.0%と銀行ならではの低金利で、企業は事業運転資金を負担を少なく調達できます。

 

来店・保証人・担保不要で素早く融資をしてくれますので、つなぎ資金としても活用するのにも最適です。

 

ただし、注意したいのが楽天市場に出店をしている事業者に限り利用ができるビジネスローンということです。

 

また、審査も銀行ならではの厳しさですので、なかなか借入れするのは難しいと言えます。

 

 

企業によっては直ぐにでも資金調達を図りたいケースも出てきます。

 

その場合より審査が甘い・緩いところから借りれればと思うのではないでしょうか?

 

商工ローンは比較的審査に通りやすいと言われており、利用されている企業も少なくありません。

 

しかしその分、金利が高く大きな負担となりますので長期的に資金繰りをするのは避けたほうが良いでしょう。

 

また既に銀行から融資を受けていますと貸し剥がしされることもありますので十分に気をつけなければいけません。

 

資金がショートしてしまう恐れがありますので、銀行で融資を既に受けているのであれば商工ローンは極力控えたほうが良いかもしれません。

 

 

 

銀行や商工ローンを利用できなくとも、今はファクタリングによる資金調達の方法もありますので、資金繰りでお悩みの方は一度検討してみるのも良いかもしれません。

 

今までの資金調達方とは異なり、借入れではないので貸借対照表上負債になりません。

 

ファクタリングとは、売掛け債権をファクタリング会社に買い取ってもらい、取引先の入金日の前に資金化をすることができる、まったく新しい資金獲得方法です。

 

ファクタリングを利用する上での条件は、「毎月安定して売掛け債権が発生していること」「来月に100万円以上入金されること」です。

 

また、ファクタリングは法人向けのサービスですので、個人事業主は依頼できませんので注意しましょう。

 

早ければ即日にも資金化することができますので、銀行などから融資を断られたという方はファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか?

続きを読む≫ 2015/04/23 19:05:23

 

スルガ銀行では様々な種類のビジネスローンを用意しており、それぞれのニーズに合わせて提供しています。

 

それぞれの特徴について解説していきたいと思います。

 

 

イービジネスダイレクトカード

融資額は50万円〜最高で300万円。
50万円単位で借入れが可能。
年利は12.0%〜14.9%とビジネスローンの中では比較的高金利ですので無担保で利用可能ですが、業歴2年以上の法人または個人事業主でないと審査通過はできません。

 

イービジネスダイレクトローン

融資額は50万円〜最高で300万円。
50万円単位で借入可能。
年利は12.0%〜14.9%。
担保・保証人不要で借入れ可能です。
来店不要で手続可能ですので、手間がかかりません。

 

スルガカードローン

借り入れ限度額は10万円〜最高で300万円。
年利は14.9%と高めです。
インターネット、フリーダイヤルから申込可能。
審査結果は原則即日回答なので迅速に資金調達が出来ます。

 

スルガフリーローン

銀行ならではの低金利で負担なく資金繰りが出来ます。
原則即日回答で最短30分で結果が分かるのでつなぎ資金にも。
見積書一切不要ですので手間がかからず利用可能です。
また100万円未満なら収入証明書も不要となります。

 

 

スルガ銀行のビジネスローンはどれも魅力的ですが、利用するための条件が厳しく借入れが難しいのが現実です。

 

商工ローンなら審査が甘い・緩い傾向にあるので借入れはしやすいですが、高金利で負担が大きいので長期的に利用することはお勧めできません。

 

 

 

近年、多くの企業が利用している資金調達方が「ファクタリング」です。

 

銀行のビジネスローンなどとは異なり融資ではなく、売掛け金をファクタリング会社に譲渡し、即日などで資金化を図るサービスです。

 

迅速的かつ効率的に資金を調達できますので、事業運転資金やつなぎ資金としても最適です。

 

気になる利用条件ですが「毎月安定した売掛け債権があること」「来月に100万円以上の入金が確実にあること」「個人事業主でなく法人企業」...この3つを満たしていれば審査には通りやすいです。

 

資金繰りでお困りの方、資金がショートしそうでピンチという方は、ファクタリングに申し込んでみると良いでしょう。

 

まずは詳細を確認してみてください。

続きを読む≫ 2015/04/23 18:59:23

 

オリックス銀行では「ORIX CLUB CARD(オリックスクラブカード)と呼ばれるビジネスローンを取り扱っており、資金繰りに不安のある経営者に対して最大500万円までの事業運転資金を融資しています。

 

つなぎ資金が必要になった時に、オリックス銀行のビジネスローンによって倒産危機や赤字といった悩みを解消することが出来ます。

 

しかしこのような商工ローンというのは、審査が厳しい傾向にあり、オリックスクラブカードは甘い審査で借入出来る金融商品ではありません。

 

 

 

ですので、どうしても確実な資金が必要でしたら、ファクタリングを利用してみてください。

 

資金ショート時に、ファクタリングを利用することで、即日に資金調達が可能であり、オリックス銀行で断られた場合でも、ファクタリングなら問題ありません。

 

いわゆる売掛金を買い取ってもらえるのがファクタリングであり、毎月安定した売掛金があれば資金調達が出来ます。

 

ただし来月の売掛金が100万円以上あること、そして個人事業主の利用は出来ないという条件があるのでご注意ください。

 

もちろんファクタリングは融資ではありませんので、審査が緩いとか通りやすいという概念は無く、条件を満たしていれば即日に現金を手にすることが出来るのでご安心ください。

続きを読む≫ 2015/04/23 18:53:23

 

商工ビジネス株式会社で資金調達が

できなかったときの秘策はコレ!

↓ ↓ ↓ ↓

 

商工ビジネス株式会社(SBC)には全部で4種類のビジネスローンがあり、例えば「ビジネスローン」「スモールビジネスローン」を挙げられます。

 

商工ビジネス株式会社の「ビジネスローン」は100〜300万円までの借入が可能で、事業運転資金や新規事業開発などの事業性資金として利用することが出来ます。

 

そして「スモールビジネスローン」というのは、10〜100万円までの融資と小額となることから、つなぎ資金の調達として非常に有効的です。

 

どちらも個人事業主、法人関係なく事業資金がショート時に大変助かるローンなのですが、商工ビジネス株式会社の審査自体は厳しい傾向にあり、融資審査に通りやすいということはないようです。

 

ビジネスローンは大口の貸付となるため、審査は厳しく見られるからです。

 

色々と他の金融機関でもビジネスローンを取り扱ってはいますが、残念ながらどこの金融機関も決して緩い審査ではありません。

 

 

 

資金繰りがどうしても必要なのに断られたという場合には、甘い審査の金融機関をひたすら探すのではなく、異なる審査基準のファクタリングを利用しましょう。

 

今すぐに資金が必要な時にファクタリングは非常に便利で、売掛金が安定している法人でしたら、その売掛金を即日に買い取ってもらうことができ、すぐに資金調達が可能なのです。。

 

実際にファクタリングに申し込みをする時には、安定した売掛金だけではなく、来月入金の売掛金が100万円を超えている必要もありますのでご注意ください。

 

自分の会社がどのくらい資金調達できるのかを無料で見積もってくれるところもあるので、まずはファクタリング会社のHPなどをチェックしてみてください。

 

続きを読む≫ 2015/04/23 01:04:23

 

株式会社サンステージのビジネスローンは、500万円から最高で10億円と業界でもトップクラスの融資限度額を誇っています。

 

金利も5.0%〜9.0%と驚くほど低金利ですので、負担の少ない資金調達を可能にしています。

 

しかし、サンステージで融資を受けるには「担保と保証人」は必要となります。

 

事業運転資金には最適なローンですが、株式会社サンステージの審査条件は甘くはなく、必ずしも借入れできるわけではありません。

 

やはり、大口になる事業者ローンはどの金融も審査は甘くはない傾向にあるからです。

 

 

その他の商工ローンであれば審査は甘いですから借りやすいですが、高金利で負担が大きくなります。

 

また、審査が以上に緩い商工ローンですと銀行から貸し剥がしに合う可能性がありますので、できれば商工ローンの融資は控えたほうが良さそうです。

 

 

 

銀行融資が受けられなくてもファクタリングによる資金調達がありますので、資金繰りでお困りであれば利用してみると良いかと思います。

 

ファクタリングとは、企業の売掛債権(いわゆる売掛金)をファクタリング会社に先に買い取ってもらい、その分、取引先の支払前に資金化をすることが出来る金融サービスです。

 

条件を満たせば即日対応も可能ですので、即効性のある資金調達が行えます。

 

審査は毎月の売掛債権が安定して発生していれば比較的通りやすいです。

 

ですから、まずは詳細だけでも確認してみると良いかと思います。

続きを読む≫ 2015/04/23 00:57:23

 

第一交通産業グループである株式会社第一ゼネラルサービスでは、最大60回までの長期分割支払いが可能なビジネスローンを取り扱っており、事業運転資金がショートし資金繰りが困難な状況の時などに大変役立ちます。

 

保証人として原則一人付ける必要がありますが、最大融資額500万円までの借入を可能にしています。

 

ただ色々と株式会社第一ゼネラルサービスへの申し込みをした経験のある人の口コミなどを確認してみますと、審査で断られたというケースが結構多くあるようです。

 

やはり甘い審査基準には設定されていなく、簡単に通りやすいビジネスローンではないことがわかります。

 

ちょっとしたつなぎ資金程度の借入でも、緩い審査ではなく厳しい基準をクリアしていなければいけません。

 

 

もし法人の場合でしたら、ファクタリングを利用して資金調達をご検討してみてください。

 

他の金融機関のビジネスローンに申し込みをしてみるという方法もありますが、やはり同じように審査は厳しいので、ファクタリングで売掛金を買い取ってもらった方が確実です。

 

売掛金がある企業であれば利用できる可能性は高く、即日の資金かも出来ます。

 

条件や利用方法などは無料で見積もり診断の出来るサイトをチェックしていただければわかりますが、安定した売掛金があり翌月に100万円以上の入金が予定されている場合には独自の審査によりファクタリングが可能です。

続きを読む≫ 2015/04/23 00:53:23

 

株式会社アークファイナンスというのは、手形割引や不動産担保ローン、証書貸付(ビジネスローン)などの商品を取り扱う大阪を拠点として金融会社です。

 

アークファイナンスのビジネスローンは、個人事業主等を対象として、中小企業向けに無担保で融資を行っています。

 

スピーディーな審査が大きな特徴であり、すぐにでも事業運転資金を必要としている時やつなぎ資金を用意したい時に資金繰りをすることが出来ます。

 

最大500万円までの借入となり、無担保ということから、銀行や信用金庫などの金融機関と比較して「審査が甘いのでは?」とお考えかもしれませんが、アークファイナンスは決して緩い審査で通りやすいわけではなく、厳しい審査基準が設定されています。

 

 

 

もしも、「資金ショート時の資金調達」や「アークファイナンスで断られた場合」には、ファクタリングを選んだ方がオススメです。

 

法人に限られた取引となりますが、売掛金を買い取ってもらい即日に資金調達が出来る方法ですので、負債として記録されることもありません。

 

またアークファイナンスやその他金融機関とは異なる審査基準となるため、融資を断られた場合でもファクタリングでしたら問題ありません。

 

「どんな条件が必要なのか?」、「いくら程度資金調達が出来るのか?」...といった疑問点は、無料見積もり診断が出来るファクタリング会社の公式サイトを確認してみましょう。

 

続きを読む≫ 2015/04/23 00:42:23

 

大分県に本店を構える消費者金融タクセイでは、地域密着型の事業者ローンを展開しています。

 

融資限度額は10万円〜最高で300万円まで、金利は年15.0%〜18.0%と高めではありますが、即日審査回答とスピード対応ですので、つなぎ資金として借入れをするのには良いかもしれません。

 

高金利ですので借りすぎてしまうと返済が厳しくなりますので、計画的に利用することをオススメします。

 

タクセイのクイックビジネスローンであれば、保証人や不動産を担保にする必要もありませんので、資金調達がし易いビジネスローンです。

 

法人・個人事業主ともに融資を受けることが出来ます。

 

しかし、タクセイは審査が甘く緩い基準と思うかもしれませんが、意外と条件が色々と用意されており、審査通過は決して簡単ではありません。

 

また、銀行に比べると通りやすいですが、融資額が少なめですので法人企業の資金調達には向いていません。

 

 

 

そこで、銀行融資が難しい場合にオススメなのがファクタリングです。

 

審査方法が銀行や消費者金融とは異なりますので、たとえ審査通過できなかった企業でもファクタリングであれば依頼できる可能性は十分にあります。

 

売掛債権を「買い取って」もらい資金化しますので、毎月安定して債権が発生していることと、来月の入金が100万円以上あることの2つを満たしていると依頼できる可能性は高いです。

 

個人事業主は利用は出来ませんが、中には最高で1億円まで資金化に対応している会社もありますので、法人企業も安心して依頼できるでしょう。

 

万が一の時の保証もありますのでリスクヘッジも問題ありません。

 

まずは詳細だけでもチェックしてみると良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/04/23 00:27:23

 

東京ライフサービスで資金調達が

できなかったときの秘策はコチラ!

↓ ↓ ↓ ↓

 

事業運転資金の融資、ビジネスローンの借入をご検討している場合には、東京ライフサービス株式会社で資金繰りをするという方法があります。

 

通常のビジネスローンでしたら10〜300万円まで借りることができ、給与支払い分がショートしてしまった時など、緊急性の高いつなぎ資金にも即日対応してくれます。

 

ちょっとした資金が必要でしたら、最大50万円までの融資が可能な「ビジネスローン50」、他にも「手形割引」や「車担保ローン」など、東京ライフサービス株式会社には銀行や信用金庫のように多種多様のビジネスローンが用意されています。

 

では、気になる東京ライフサービス株式会社の事業者ローン審査についてですが、甘い基準で借入が出来るワケではなく、審査はどちらかといえば厳しいと考えてよいでしょう。

 

ビジネスローンのような大口の融資というのは審査を慎重に行なうためです。

 

 

「緩い審査」「通りやすい基準」で利用出来るビジネスローンというのは、中小の金融業者以外にはほぼありません。

 

中小金融業者の商工ローンは知名度が低いですし、何より利息が高く設定されているので利用するべきではありません。

 

 

 

もしこの記事を読んでいる貴方が法人という立場でしたら、融資という形で資金調達をするのではなく、売掛金を買い取ってもらうことが出来るファクタリングなんていかがですか?

 

ビジネスローンで断られた時でも、ファクタリングは「条件を満たしていればすぐに即日で資金化することも十分可能」です。

 

詳しい条件や利用方法などは、無料見積もり診断が出来るファクタリング会社のサイトへアクセスしてみてください。

 

仮に、東京ライフサービス株式会社で断られてしまっても希望はまだありますよ。

続きを読む≫ 2015/04/22 01:10:22

 

株式会社SC倶楽部が提供する事業者ローンについて解説します。

 

 

ビジネスローンSCプラス

融資限度額は最大で500万円。
金利は年15.0%〜18.0%。担保・保証人不要で融資を受けられるビジネスローン。
振込は電話一本で可能ですので急な資金調達にも安心です。
審査結果は最短即日回答ですので融資までの手間も時間もかかりません。

 

ビジネスローンSCスーパープラス

最高700万円までの融資が可能。金利は年9.0%〜15.0%。担保・保証人不要です。
申し込みから融資まで電話一本で可能ですので来店する手間がかかりません。
ある程度まとまった資金が必要な場合に最適なビジネスローン。

 

ハイグレードローンSCプレミア

融資限度額は最大で500万円。
利率は5.5%〜12.0%と低金利ですので、負担を軽くして事業運転資金の調達が可能です。

 

 

このように、エスシー倶楽部が提供しているビジネスローンは状況によって選ぶことが可能な事業者ローンとなっており、非常に魅力的ですが審査はやはり厳しめなようです。

 

エスシー倶楽部は銀行ではないので審査が緩いと思いがちですが、ビジネスローンは自然と大口融資になりますのでその分審査が厳しいのです。

 

 

 

そこでオススメの資金調達法がファクタリングと呼ばれる売掛金買取サービスです。

 

銀行のように融資ではなく、売掛債権を買い取ってもらうことによる資金化ですので、比較的審査に通りやすい金融サービスです。

 

エスシー倶楽部や銀行と違い、借入れではないので信用情報に傷がつくこともなく、負債にもあたりません。

 

事業再生やつなぎ資金としても活用できますので、まずは詳細をチェックしてみると良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/04/22 01:03:22

 

スモールビジネスローンは株式会社ビジネスパートナーが提供する法人・個人事業主向けの無担保事業者ローンです。

 

審査が「緩いのかどうか」など気になる方は、是非とも詳細だけでも確認してみるとよいでしょう。

 

スモールビジネスローンの融資限度額は、最高で500万円。

 

金利は9.98%〜18.0%と少々高めです。

 

限度額内の範囲であれば何度でも借入できますので、いざという時の資金調達に役立つビジネスローンです。

 

ただ、事業資金の融資はどの業者も審査は厳しく見られます。

 

もちろん株式会社ビジネスパートナーも審査は決して甘くありませんので、借入れはそう簡単には出来ないでしょう。

 

また連帯保証人を必要としますので、資金繰りにはあまり向いていないといえるでしょう。

 

 

今、資金繰りでオススメの資金調達サービスはファクタリングです。

 

企業の入金前の売掛金をファクタリング会社に譲渡することで、回収を代行してもらい支払期日前に資金化を図ることが出来ます。

 

「入金はあるけど支払期日までに人件費などの資金が必要」という時でも対応できます。

 

また、場合によっては即日対応も出来ますので、より資金ニーズに応えられる金融サービスです。

 

つなぎ資金も事業運転資金にもオススメのファクタリングの審査条件は会社によってそれぞれ違いますので、まずは詳細を確認してみるとよいでしょう。

 

売掛債権が有り、来月の入金が100万円以上あると通りやすいようです。

 

ファクタリングは法人企業が対象となるサービスですので、個人事業主は利用出来ませんので、その点だけはご注意下さい。

続きを読む≫ 2015/04/22 00:51:22

 

UPSでは4種類ものビジネスローンを提供しています。
まずはそれぞれ特色を見ていきましょう。

 

アップス15

融資額は150〜1,000万円まで可能。
年率は15.0%の固定で、ビジネスローンの中では少々高めです。

 

アップス18

融資額は50〜99万円まで可能。
年率は18.0%の固定。

 

担保融資

融資額は300〜4,000万円まで可能。
相談によっては4000万円を超える借り入れもできる場合があります。
年率は12.0%。になっています。

 

開業融資

融資額は50万円〜300万円。年率は15.0%〜18.0%。
開業をする方のための開業資金ビジネスローンです。

 

 

それぞれニーズに合わせたアップスのビジネスローンはどれも魅力的ですが、審査は決して甘くはないようです。

 

やはり、事業資金の融資は個人に貸す金額とは違うので、審査も厳しくなるからです。

 

出来ることなら審査が緩い業者で借りたいと考えている場合は、UPSで借入れするのは難しいでしょう。

 

 

これに対し商工ローンは比較的緩い審査ですので、資金調達がしやすいと言えます。

 

即日対応をしていることもあり、銀行の融資までのつなぎ資金として利用される企業も少なくありません。

 

但し金利がかなり高いですので、事業運転資金を長期的に運用するのには向いていません。

 

企業によっては銀行からの融資を断られた、直ぐにでもまとまった資金が必要なのに支払期日がこないと回収できないなど、資金繰りでお困りの企業も多いかと思います。

 

 

そこでオススメなのが、最近多くの企業が利用しているファクタリングです。

 

借入れによる資金調達ではなく、自社の売掛け債権をファクタリング会社に譲渡し、資金化をする方法なのです。

 

本来、売掛け債権は取引先の支払期日がこないと回収できませんが、上述した通り売掛け債権が発生していれば、入金前であっても資金として回収することを可能としています。

 

即日対応もしており、更には最高で1億円の大口の資金調達も可能です。

 

これにより様々な資金ニーズにも合わせることができ、今までよりも迅速的かつ効率的な資金化が図れます。

 

売掛け債権が毎月安定している、来月の入金が100万円以上あればファクタリングの審査に通りやすいです。

 

資金がショートしそう、融資を断られた、スピーディーに資金化したいといった場合にファクタリングは非常に有効的です。

 

まずはファクタリング業者に相談だけでもされてみてはいかがでしょうか?

続きを読む≫ 2015/04/22 00:45:22

 

エコキャッシングで資金調達が

できなかったときの秘策はコレ!

↓ ↓ ↓ ↓

 

エコキャッシングのビジネスローンは、100万円から最高で3000万円まで借入が可能です。

 

年率4.5〜15.0%と比較的低金利ですので、負担も軽くて済むのが特徴です。

 

担保・保証人は原則として不要です。

 

資金繰りとしては中々好条件ですが、エコキャッシングのビジネスローン審査は決して甘くはありません。

 

ビジネスローンというのは普通のキャッシングなどと違い、業績赤字などが目立つと審査通過は厳しくなるからです。

 

融資の審査に一度でも落ちると信用情報に残りますので、審査に自信がない場合は無理に申し込まないほうが良いかと思います。

 

比較的審査が緩い・甘いのが商工ローン(ビジネスローン)です。

 

銀行からの融資を断られた企業が利用するところでもあり、即日借入れもできることが多くつなぎ資金として一時的に利用する企業が多いです。

 

直ぐにでも資金が必要な場合は商工ローンは良いかもしれませんが、長期的な運用には向いていません。

 

高金利で負担が大きい上に、銀行からの融資を打ち切られたり貸し剥がしに合うなどのリスクがあるからです。

 

 

そこで、銀行や商工ローン以外の資金調達方法としてオススメなのがファクタリングです。

 

従来の借入れによる資金繰りとは大きく異なり、より効率的且つ迅速的に資金を調達できるのが大きな特徴です。

 

ファクタリングは、企業の売掛け債権をファクタリング会社が買い取り取引先の支払前に資金化することが出来ます。

 

借入れではないのでバランスシートに負債として載ることはありません。

 

また万が一取引先企業が倒産してしまった場合でも、保証が受けられる場合もありますのでリスクヘッジも兼ね備えています。

 

そのため一時的な活用だけでなく長期的な運用にも向いています。

 

またファクタリングによる資金繰りが潤沢になれば銀行からの融資を受けやすくなるメリットもあります。

 

事業運転資金がショートする前にファクタリングを依頼してみてはいかがでしょうか。

続きを読む≫ 2015/04/22 00:35:22

 

埼玉りそな銀行では2種類のビジネスローンを用意しています。
それぞれの特徴について解説していますので、今後資金繰りを検討しているのであれば是非とも参考にしていただければと思います。

ビジネスローン埼玉倶楽部

融資額は500万円から最高で5000万円。取引に応じて最大で1億円まで融資可能な大口のビジネスローンです。
担保は不要ですが、保証人が必要となります。

 

ビジネスローン保証革命

500万円から最高で3000万円までの融資を可能とするビジネスローン。
保証人不要で融資を受けることが出来ます。

 

 

埼玉りそな銀行のビジネスローンは、大口の融資にも対応できる強みがあり非常に頼もしいですが、業歴2年以上限定だったり、債務超過していないことなど審査がかなり厳しいです。

 

銀行は基本的にどこも審査が厳しいですから、断られたという企業が多いのは珍しいことではありません。

 

 

銀行よりも審査が甘い・緩いのが商工ローンと言われています。

 

場合によっては即日借入れも可能らしいですが、金利負担が大きい上に悪徳な業者も多いので利用は控えたほうが良いでしょう。

 

 

それ以外ですと、つなぎ資金から事業運転資金まで対応していると今注目を集めているのがファクタリングです。

 

従来の資金調達とは異なり、借入れをせずに即日の資金を調達を可能にしている方法なのです。

 

ファクタリング会社に自社の売掛け債権を買い取ってもらい、資金化することができます。

 

売掛け債権は、支払期日がこないと回収できないのが一般的ですが、ファクタリングは期日前に債権を回収することが可能なので、ニーズに合わせて資金繰りをすることが可能です。

 

審査方法もこれまでとは異なり、毎月安定して売掛け債権が発生していること、100万円以上の入金が翌月に入ってくること、個人事業主でないことの3つの条件を満たしていれば比較的通りやすいと言われています。

 

迅速かつ効率的に資金調達が可能ですので、ショートする前に問題を改善できるとして多くの企業で取り入れられています。

 

まずは詳細だけでもチェックしてみると良いかと思います。

続きを読む≫ 2015/04/19 18:47:19

 

JFCのビジネスローンは審査が甘いのか、融資額はいくらまで対応しているのか、担保や保証人は必要なのか等、詳しく説明していきたいと思います。

 

ジェイエフシーのビジネスローンは300万円〜最大で5億円まどの借入が可能です。

 

また相談によっては5億円以上の融資も可能で、資金調達先としては絶好の銀行といえるでしょう。

 

大口融資を行なっているため、ジェイエフシーでは担保と保証人は必要となる場合があります。

 

また、残念ですがJFCの事業資金融資の審査は厳しめな傾向にあるようです。

 

事業運転資金を貸付する業者は、どこも審査は厳しくなります。

 

ですので、開業して間もない場合や、債務超過をしていたりなど基本的な条件を満たしていないと借り入れは難しいです。

 

実際に融資を断られた企業も少なくないという口コミもあるようですので、条件を満たしていない場合は無理に申し込まないほうが賢明です。

 

 

資金繰りでお困りの企業が銀行以外から融資を受けるさきとしてあげられるのが商工ローンと言われています。

 

銀行に比べ審査が緩いことから、直ぐにでも資金が必要な場合に活用される場合が多いようです。

 

場合によっては即日対応もしており、一時的なつなぎ資金として活用されるところもあります。

 

しかし、高金利で負担が大きいので経営を圧迫しかねません。

 

そのため、商工ローンは長期的な資金調達先としては向いていません。

 

 

銀行・商工ローン、この2つが今までの資金調達先としてメインで扱われてきましたが、最近ではファクタリングと呼ばれる金融サービスに注目している企業が多いことをご存知でしょうか?

 

ファクタリングとは、会社が持っている売掛債権をファクタリング会社に買ってもらい、資金を手にいれる方法です。

 

銀行や商工ローンなどの融資とは異なり、毎月安定した売掛債権が発生しており、来月に100万円以上の入金が発生していれば審査には通りやすいようで、最近依頼する企業が増えてきているサービスです。

 

売掛債権は支払期日にならないと回収できませんが、ファクタリングを利用すれば期日前でも資金化できますので、即日などでの資金ゲットも可能になります。

 

 

ファクタリングによっては、取引先企業からの債権が実質回収不可能となってしまった場合でも、定められた額内で保証をしてくれるところもあり、リスクヘッジとして申し分ないです。

 

事業運転資金やつなぎ資金のための融資を断られたという方も、ファクタリングであれば依頼できる可能性は十分にあります。

 

資金がショートしてしまっては会社も立ちいかなくなりますので、まずは詳細だけでも確認してみるとよいでしょう。

続きを読む≫ 2015/04/19 18:38:19

 

みずほ銀行のビジネスローンである「みずほアドバンス・パートナー」の特徴として最長3年で最大3000万円まで融資可能、そして無担保・第三者連帯保証人不要で借入をすることが出来るということです。

 

事業運転資金やつなぎ資金といった、会社の資金繰りを対象としている商工ローンであり、赤字が続いて納税資金や給与支払いなどがショートしてしまっている時などに会社倒産の危機的状況から救ってくれます。

 

しかし、みずほ銀行の事業資金融資の審査は決して緩い基準ではなく、また即日に借入することは出来ませんので、どうしても今すぐにお金を用意しなければいけないという時には不向きです。

 

甘い審査で通りやすい銀行系のビジネスローンをお探しでしたら、残念ながらその希望に合ったローン商品を見つけることは出来ないでしょう。

 

 

ローン審査で断られた時や、今すぐに資金調達をしなければいけない時などは、会社の売掛金を買い取りしてもらえるファクタリングの利用をオススメします。

 

個人事業主のような個人という立場での利用は出来ませんが、来月の入金が100万円以上あり、そして毎月安定した売掛金が発生していれば特に問題無く即日の資金調達が可能です。

 

しかも最大で一億円までの買い取りを可能にしているので、まとまった資金が必要な時には大変重宝することでしょう。

続きを読む≫ 2015/04/19 18:33:19

 

ITコンシェルジュのビジネクストのビジネスローンは審査は緩いのかどうか、資金繰りを検討している経営者の方は気になるところではないでしょうか?

 

ビジネクストのビジネスローンは、融資額50万円?最高で1000万円と大口にも対応できる強みがあります。

 

年率は100万円以上の借入れで8.0%〜15.0%、100万円未満なら13.0%〜18.0%となっています。

 

担保と保証人は原則不要ですが、法人の場合は代表者に連帯保証が必要となります。

 

また、来店不要でオンライン申込可能が可能ですので、比較的早い段階で融資を受けることができますので、急なつなぎ資金としても借入れをするのにも良いでしょう。

 

但しビジネクストのビジネスローン審査は簡単に通るわけではなく、厳しい審査があるので注意が必要です。

 

債務超過や、業歴が浅い企業は審査に通過するのは難しいです。

 

ビジネクストは商工ローンにあたりますが、これ以外だと銀行などからの事業運転資金融資を当てにされる方も多いでしょう。

 

しかし、銀行のビジネスローンはより審査の基準が厳しくなる傾向にあります。

 

 

 

これら以外の資金調達方法としては今注目されているのがファクタリングです。

 

ファクタリングとは取引先の企業に対する売掛け債権をファクタリング会社に譲渡し、売掛金の入金を待たずとも資金化できる方法です。

 

本来債権は期日にならないと回収できませんが、ファクタリングを利用すれば即日にも資金化することも可能なほど迅速かつ効率的な資金調達方法なのです。

 

万が一取引先が倒産してしまった場合も、ファクタリング会社によっては保証をしてくれる事もありますのでリスクヘッジにもなります。

 

売掛け債権が毎月安定安定している、来月に100万円以上の入金がある法人企業であればファクタリングの審査には比較的通りやすいですから、この条件を満たしているのであれば利用してみる価値は大いにあると言えるでしょう。

 

事業運転資金がショートする前に、ファクタリングで早々に資金化を図るのが最善の策かと思います。

続きを読む≫ 2015/04/19 18:22:19

 

MRF(エムアールエフ)のビジネスローンは審査が甘いのでしょうか?

 

エムアールエフでは様々なビジネスシーンに適用できるようにと6つのプランを用意しています。

 

融資額最高3億円のオーダーメイドプラン、支払いを最小限にと止めたい方向けの長期間元金据置プラン、売掛金回収等の短期的な資金運用にブリッジプランなど、どれも魅力的なビジネスローンです。

 

気になるエムアールエフの審査ですが、どれも厳しめな傾向がありです、自信がない場合はMRFに無理に申し込まないほうが良いでしょう。

 

実際にMRFに断られた企業も多いようですから、他の資金調達方法を検討した方が良いかと思います。

 

 

銀行の事業資金融資は基本的にどこも審査が厳しいですから、もっと利用しやすいところを選ぶと良いかもしれません。

 

審査が緩いと言われているのが商工ローンですが、場合によっては即日融資を行っていることもあり、借入れしやすいようです。

 

ただし、商工ローンの金利は高金利ですので長期的な事業運転資金の調達ではなく、つなぎ資金程度の一時的な利用にとどめておいたほうが良いでしょう。

 

 

では、銀行は審査が厳しく、商工ローンは長期的には向かないとなると、資金繰りはどこを利用すれば良いのでしょうか?

 

その答えの一つにファクタリングが挙げられます。

 

ファクタリングとは支払期日前の売掛け債権を買い取ってもらい、即日などに資金化する方法です。

 

借入れではないのでバランスシート上、負債に当たりません。

 

審査方法も銀行などとは異なり、安定して売掛け債権が発生していること、来月の入金が100万円以上であるなどの規定を満たしていれば、審査には通りやすいようです。

 

但し利用は法人企業に限りますのでご注意ください。

 

銀行などの金融機関から融資が受けられず資金がショート寸前の企業も多い中、助け舟的存在として注目を集め始めているファクタリング。

 

ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか?

続きを読む≫ 2015/04/19 18:14:19

 

ユニーファイナンスのビジネスローンで資金繰りを検討されている方のために、ここでは融資額や金利、審査に通りやすいのかどうかについてお話していきたいと思います。

 

ユニーファイナンスでは主に3つのビジネスローンを用意しています。

 

無担保タイプが1つと、有担保タイプが2つ。

 

担保に入れるのは不動産となります。

 

有担保タイプですと融資限度額が1000万円もしくは3000万円、無担保の場合ですと300万円までの融資が可能です。

 

ユニーファイナンスは大口借入れにも対応できる点は魅力的ですが、金利が14.00〜17.95%とかなり高めです。

 

また、審査自体も事業資金融資となってくると甘くはなく、厳しい傾向にあるようです。

 

 

高金利の借入れはリスクが高いですから、いきなり申し込みをするのではなく、まずは低金利で融資を行なっている銀行に相談してからでも良いでしょう。

 

ただし、銀行のローンは審査がより非常に厳しいですから、断られる可能性は高いです。

 

実際に銀行融資を断られた企業は多いです。

 

基本的に金融機関のローン商品で審査が緩いといった事はまずありません。

 

 

銀行やユニーファイナンスなど融資による資金繰りも良いですが、最近では借入れをしない資金繰りも注目を集めていますので、そちらも検討してみると良いかと思います。

 

ファクタリングと呼ばれる金融サービスで、企業の売掛債権をファクタリング会社が譲り受け、依頼した企業に資金を提供します。

 

債権の回収はファクタリング会社が代行して行いますので、企業は売掛金の支払前であっても資金調達することができるのです!

 

借入れではないので当然バランスシート状は負債にあたらず、信用情報にも履歴が残りません。

 

即日対応ができる場合もありますので、事業運転資金だけでなくつなぎ資金のように一時的な活用にもオススメです。

 

法人企業のみが依頼できる金融サービスで、他にも条件は各会社によって異なりますので、まずは詳細を確認してみると良いのではないでしょうか?

続きを読む≫ 2015/04/19 18:07:19

ここではSGファイナンスが提供するビジネスローンについてお話していきます。

 

エスジーファイナンスのビジネスローンの特徴や審査が甘いのかなど、詳しく知りたい方は参考にしていただければと。

 

エスジーファイナンスの融資限度額は300万円〜最高で5,000万円と大口借り入れに対応している非常に頼もしいビジネスローンです。

 

年率も6.8%〜9.54%と銀行系ならではの低金利で、経営に負担をかけること無く資金繰りが行えます。

 

担保と保証人は原則不要となっていますが、利用条件によっては必要となる場合がありますので、詳細はエスジーファイナンス担当者に相談してみるとよいでしょう。

 

資金調達のために活用するのに最適な融資サービスですが、エスジーファイナンスの審査はかなり厳しめなようです。

 

開業して間もない企業や、業績が赤字などで悪化している場合は審査に通るのは難しいでしょう。

 

他の資金調達法として知られているのは商工ローンによる借り入れでしょうか?

 

銀行ほど審査が厳しくなくどちらかと言うと緩い印象があるのが商工ローンです。

 

その為、申し込みから融資まで即日対応していることも多いです。

 

融資に時間がかかってしまうと困るという企業も多いでしょうから、つなぎ資金として活用する場合には良いかもしれません。

 

高金利ですので長期的に借入するのには向いていません。

 

また既に銀行から融資を受けている場合は、突然打ち切られたり貸し剥がしされる可能性が高いですので、今後銀行と長期的に付き合いを考えている場合は商工ローンからの借り入れは避けたほうが良いでしょう。

 

銀行もしくは商工ローンから資金調達が出来ないとなると、資金繰りは諦めたほうが良いのでしょうか?

 

 

実はこれら以外の方法として最近注目を集めているものがあります。

 

それがファクタリングと呼ばれる資金集めの方法です。

 

ビジネスマンであれば一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

ファクタリングとは企業が有する売掛金をファクタリング会社が譲り受け、事前に資金を提供する仕組みのことを言います。

 

売掛債権が毎月安定して発生しており、来月の入金が100万円以上あれば創業1年未満の企業でも利用することが可能です。

 

銀行融資のように様々な条件を満たしていなくても、先述した2つの条件が満たされていれば審査には通りやすい傾向にあります。

 

事業運転資金のために活用するのは勿論ですが、即日にも対応しているケースがあるのでつなぎ資金としても活用できます。

 

 

資金が必要なのに融資を断られたという企業は少なくありません。

 

ファクタリングはそもそも借り入れにあたりませんので、今までの審査条件とは異なり、利用しやすいのが特徴です。

 

資金がショートしてしまう前に、一度ファクタリングの依頼を検討してみてはいかがでしょうか?

続きを読む≫ 2015/04/19 18:01:19

 

インターネットを利用した金融サービスを提供しているSBIグループ企業であるセムコーポレーションでは、様々な不動産担保ローンを取り扱っています。

 

例えば個人事業者・法人向けローンでは、事業者向けに使途自由のローンサービスを提供しており、開業資金や事業運転資金などの資金繰りが可能です。

 

そして法人専用の不動産事業者向けローンは、素早い融資により、土地やマンションなどの購入をサポートしてくれます。

 

つなぎ資金を必要としている時や、事業運転資金のショートといった時にセムコーポレーションでの借入は確かに便利ですが、厳しい審査で断られたというケースが多いのも事実です。

 

セムコーポレーションで断られた場合、甘い審査で借りれる金融機関を探したところで、残念ながら緩い審査で通りやすいビジネスローンやその他融資商品はありません。

 

 

でしたら売掛金を即日に買い取ってもらい資金調達の出来るファクタリングがオススメで、安定した売掛金のある法人でしたら利用することが出来ます。

 

審査の方法が銀行などと異なることから、売掛金があれば即日に資金調達出来るファクタリングの利用条件や詳細については、業者の公式サイトをチェックしてみてください。

 

ファクタリングで資金繰りが改善されることで、銀行融資の再開にも繋がるかもしれませんよ。

 

続きを読む≫ 2015/04/19 17:56:19

 

アサックス(ASAX)のビジネスローンは300万円から最高で10億円までとまとまった資金が必要な時にも安心して借り入れができます。

 

さらに年率は4、5%〜8、76%と驚くほど低金利です。

 

アサックスのビジネスローンは非常に人気ですが、審査が厳しく断られたという企業も数多くあるようです。

 

また融資を受けるためには不動産を担保に入れる必要があるので、利用できる企業も限られてきます。

 

ASAXのビジネスローン以外の資金調達の方法としては、商工ローンにて借入れを行う手もあります。

 

銀行などに比べ、審査が甘い・緩い場合が多く、資金調達が比較的容易と言われています。

 

即日対応していることが多く、つなぎ資金としても活用する企業も少なくありません。

 

但し高金利であることが多いですから事業運転資金の為の長期的な付き合いは避けたほうが良いでしょう。

 

また資金ショートを避けるためにヤミ金に手を出してしまう企業もありますが、あとあと面倒なことになりますので絶対に止めましょう。

 

 

では資金繰りに困った時どこを利用すれば良いのでしょうか?

 

今多くの企業が注目しているのがファクタリングです。

 

従来の借入れによる資金調達ではなく、売掛け金をファクタリング会社に買い取ってもらい支払期日前に資金を調達できてしまう手法です。

 

資金ニーズは企業によって異なります。

 

「急ぎでまとまったお金が必要になった」「銀行の融資までのつなぎ資金が必要」「支払日ズレた」などなどの資金ニーズにも合わせることができます。

 

審査方法も異なり売掛け金が月々安定してあること、来月に入ってくるお金が100万円以上はあること、これら主な条件は2つあります。

 

この2つの条件が揃っていれば比較的審査には通りやすい傾向にあります。

 

また個人事業主は利用できませんので、その点は注意が必要です。

 

大口借入れの場合、担保もしくは保証人を必要とすることが多いですがファクタリングならその必要もありませんので、より資金調達がようになると言えるでしょう。

続きを読む≫ 2015/04/19 17:48:19

 

エスワイシーで資金調達が

できなかったときの秘策はコレ!

↓ ↓ ↓ ↓

 

資金繰りでお困りの企業はsycのビジネスローンの審査が甘いのか、気になるところではないでしょうか?

 

sycは300万円から最高で1億円まで融資を可能にしており、まとまった資金が必要という企業にも対応できる頼もしいビジネスローンです。

 

年率は7、5%〜15、0%と比較的低金利ですので、負担も少なくて済みます。

 

最短2日で融資の回答をしてくれますので、素早く資金調達をすることが出来ます。

 

気になる審査基準ですが、大口融資のビジネスローンともなれば、どの金融業者も審査は慎重になります。

 

そのため、やはりエスワイシーのビジネスローンも審査基準は厳しめと考えたほうがいいでしょう。

 

年間に8000件以上の申し込みがあり非常に人気のビジネスローンですが断られた企業も数多いようです。

 

資金がショートしてしまっては倒産の危機に晒されてしまうことから、銀行ではなく商工ローンを利用する企業も少なくありません。

 

審査が緩い傾向にあり、借入れがしやすいのはありがたいですが、高金利で負担が大きいです。

 

一時的なつなぎ資金としても利用するには良いかもしれませんが、長期的には事業運転資金を調達するのには向いていません。

 

また銀行からの融資を打ち切られたり貸し剥がしに合う可能性もありますので、商工ローンはあまりお勧めできません。

 

 

もし、どの金融会社からも融資を断られてしまったのなら、近年、日本で注目されている資金繰りがファクタリングがオススメです。

 

売掛けの未納金をファクタリング会社に譲渡し、売掛金が支払われる前に資金化することが出来るんです。

 

売掛け債権は支払期日がこない限りは回収できないのが通常ですが、ファクタリングなら素早く資金化することが可能で即日対応も難しくありません。

 

最高で1億円まで可能な場合もありますので大口融資を断られた企業でも安心です。

 

ファクタリングの依頼条件は、毎月安定して売掛け債権が発生していること、来月の入金が100万円以上あることの2つです。

 

この条件を満たしている法人企業であれば比較的審査に通りやすいですから、まずは詳細を確認してみてはいかがでしょうか?

続きを読む≫ 2015/04/19 17:39:19

 

東京上野の貸金業で法人や個人事業主に対してビジネスローンを提供しているのがヒロシ興産株式会社であり、不動産担保ローンやアシストローン、有価証券担保ローンなどなどいくつもの融資商品の中からニーズに合った方法で資金繰りをすることが出来ます。

 

例えば不動産担保ローンでは、借入期間最長15年で最大3億円まで借りることができ、日本全国の不動産に対応してくれます。

 

またつなぎ資金や入金遅れなど、緊急に事業運転資金がショートしてしまった際にはアシストローンで1000万円までの借入が可能です。

 

ただし、ヒロシ興産で融資を実行してもらうためには厳しい審査に通過する必要があり、その他の金融機関と同様に非常に厳しい基準が設けられています。

 

通りやすい緩い審査に越したことは無いのですが、やはりある程度まとまったお金の借入となることから、甘い審査基準ではヒロシ興産株式会社からしてみれば大きなリスクがあるのです。

 

 

ヒロシ興産株式会社で断られた場合、是非ともオススメしたい資金調達方法がファクタリングです。

 

簡単に言えば、現在発生している売掛金を即日買取してくれるサービスのことで、もちろん合法ですし、秘密厳守なので社外に知られることもありません。

 

何よりも銀行で断られていても、条件が合えば即日で資金が調達できるのはかなり助かります。

 

まずは無料見積もり診断をしてくれるファクタリング会社のサイトがあるので、利用条件やどの程度買取をしてもらえるのかを確認しておくと良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/04/10 22:20:10

 

新生銀行グループのシンキが取り扱う「OWNERS SELECT CARD(オーナーズセレクトカード)」というのは、借入可能額最大で300万円までのカードローン商品です。

 

日本全国に対応しており、法人個人問わずに最短20分の審査で融資が可能かどうかを知ることが出来ます。

 

担保や保証人も必要無いので、金融機関が提供している大口のビジネスローンとは異なり比較的気軽に事業運転資金の調達をすることが出来ます。

 

と言いましても、オーナーズセレクトカードの融資審査は決して甘い基準ではなく、やはり厳しい審査基準をクリアしなければいけません。

 

世間的にあまり知られていない中小金融業者の中には、緩い審査で通りやすいビジネスローンもありますが、知名度が無いことから不安が残ります。

 

 

資金繰りがショートしてしまい、少しでもつなぎ資金が必要でしたら、今現在残っている売掛金を買取してもらえるファクタリングが断然オススメです。

 

「売掛金が安定していて来月100万円以上の入金がある法人」に限られた取引となりますが、ビジネスローンで断られた場合でも、審査基準は異なることから即日に資金調達をすることが可能なのです。

 

違法行為だと勘違いしている方も多いようですが、ファクタリングは国も認めている合法取引ですので、安心安全に利用出来ます。

 

続きを読む≫ 2015/04/10 22:16:10

 

「急いで事業運転資金を調達したい!」
「とにかく今月の赤字を乗り越えるためにつなぎ資金を借入したい!」

 

そんな資金繰りでお困りでしたら、Any(エニー)のビジネスローン(商工ローン)を利用することで、最大500万円までの融資を受けることが出来ます。

 

エニーで運転資金のショートを解消することが出来れば、倒産回避にも繋がるかもしれませんが、借入審査は決して甘い基準ではありません。

 

イメージ的に銀行系などと比較して、緩い審査で通りやすいという印象があるかもしれませんが、実際に断られたという報告が多数あります。

 

 

どうせなら融資ではなく、これから入金予定の売掛金を買い取ってもらう方法で資金繰りされることをオススメします。

 

このサービスのことをファクタリングといいます。

 

毎月安定している売掛金が発生していて、来月入金予定の売掛金が100万円を超えていれば、ファクタリングで即日に資金調達をすることが出来ます。

 

注意点として個人の事業主はファクタリングの利用は出来ません。

 

またファクタリングは融資では無いことから、会社の負債として計上されませんので、会社の信頼性を落とすこともありません。

 

銀行の貸し渋りが横行している現在、ファクタリングはまさに理想的な資金調達方法と言えるかもしれませんね。

続きを読む≫ 2015/04/10 22:10:10

 

「JAローンのビジネスローンを利用したいけど審査は甘いのか?」とお悩みの方、残念ながらJAローンにビジネスローンの取り扱いはありません。

 

ただJAバンク石川では、「アグリビジネスローン」という商工ローンを取り扱っており、こちらは農業法人向けの融資であり、農村地域発展のための事業運転資金を対象にしたものとなります。

 

では一般企業が利用可能で、通りやすい審査の緩いビジネスローンはあるのでしょうか?

 

残念ながらビジネスローン全てにおいて、審査基準は非常に厳しく設定されています。

 

 

 

もし事業運転資金がショートしてしまい、資金繰りが大変な時には、ファクタリングを選ぶことによって、即日に資金調達をすることが出来ます。

 

このファクタリングは、借入とは異なり、売掛金を買い取ってもらえるサービスのことです。

 

赤字経営が続いてしまい倒産危機に直面している企業がビジネスローンなどでお金の借入が出来ない時に大変助かるサービスと言えます。

 

ファクタリングを利用するためには、翌月の売掛金が100万円以上、そして毎月安定した売掛金があることが条件であり、また個人事業主の利用は出来ないという多少の縛りはあります。

 

 

しかし、ビジネスローンで断られた企業でも資金調達可能なので、ちょっとしたつなぎ資金が必要な時には大変便利です。

 

続きを読む≫ 2015/04/10 22:05:10

 

三井住友トラストL&F(三井住友トラスト・ローン&ファイナンス)のビジネスローンでは、300万円から10億円までの事業運転資金の融資を提供しており、赤字が続き事業運転資金がショートしてしまっている時の資金繰りや、ちょっとしたつなぎ資金として借入をしたいという時にサポートしてくれます。

 

またリボオンのカードローンでしたら、限度額の範囲内で何度でも借入が出来るので、もしもの時に大変役立つビジネス向けのカードローンと言えるでしょう。

 

三井住友トラストL&Fの商工ローンに限ったことではありませんが、残念ながら審査基準は非常に厳しく、甘い審査でどの会社でも簡単に通りやすいというものではありません。

 

例えば中小の金融会社が提供しているビジネスローンでしたら比較的緩い審査で借りれるかもしれませんが、信頼性が心配です。

 

 

ビジネスローンの申し込みで断られた時には、売掛金の買取サービスであるファクタリングの利用をご検討してみてはいかがでしょうか?

 

来月の売掛金として100万円以上の入金があり、毎月安定した売掛金のある個人事業主以外の会社や企業でしたらファクタリングで資金調達をすることが出来ます。

 

ファクタリングのメリットは「銀行での融資を断られた企業でもOK!」「即日で資金を調達できる!」などがあり、実際のところ、このファクタリングによって倒産のピンチを間逃れたというケースは結構多くあるようです

 

赤字などでかなり厳しい経営状況の経営者の方は、ぜひチェックしてみるのがオススメですよ。

 

続きを読む≫ 2015/04/10 21:57:10

 

つなぎ資金や接待費、また日常の業務の中で資金がショートしてしまった時にオリコのビジネスローンに申し込みをすることで、オリコ加盟店またはオリコクレジットをご利用の事業主限定商品として最大1000万円まで融資を受けることが出来ます。

 

事業運転資金でしたら使用用途は自由であり、資金繰りがショートしている時や、赤字続きで放っておいたら倒産してしまうといった状況にある会社を救ってくれます。

 

銀行の商工ローンで断られた場合にオリコのビジネスローンへ申し込みをしてみるのも良いですが、だからと言ってオリコの審査は緩いものではなく、お世辞にも審査に通りやすいとは言えません。

 

甘い審査で即日の借入が出来る商工ローンやビジネスローンはオリコを含みありません。

 

 

 

しかし個人事業主でなければ、比較的簡単に資金調達をすることの出来る方法があり、それがファクタリングです。

 

簡単に言ってしまえば、売掛金を買い取ってもらう資金調達方法であり、来月の入金予定額が100万円を超えていればすぐに現金化してもらうことが出来るのです。

 

ただし来月の入金額だけではなく、毎月安定した売掛金があることも条件となるのでご注意ください。

 

銀行の貸し渋りも目立つ現在、ファクタリングは多くの企業にとって助け舟になってくれること間違いありません。

続きを読む≫ 2015/04/04 22:32:04

 

不景気が続く現在、どのような会社でも業績悪化によって赤字が続き、その結果事業運転資金がショートしてしまい、今すぐに資金繰りをしなければ倒産してしまう…といった危機的状況に陥ってしまう可能性は十分に考えられます。

 

そこで東京スター銀行のビジネスローンである「スタービジネスカードローン」を利用することで、50〜500万円まで何度でも借入が可能であり、ちょっとしたつなぎ資金が必要になった時でも安心です。

 

しかしこのような事業運転資金用の商工ローンというのは、スタービジネスカードローンを含めて、どこも非常に厳しい審査を行っており、通りやすい基準に設定された甘い審査ではありません。

 

審査結果によって、融資を断られた場合、もっと緩い審査の商工ローンを利用するとなると、後は中小の金融業者を利用するしかありません。

 

でも中小サラ金業者からお金を借りるのって、金利が高いですし知名度の低さもあり少々心配ですよね?

 

 

 

もし来月の売掛金の入金が100万円以上ある場合には、即日の資金調達が可能なファクタリングを利用してみてはいかがですか?

 

その売掛金を買い取ってもらえるサービスであり、毎月安定した売掛金があれば、特に問題無くファクタリングをすることが出来ます。

 

ただし個人事業主の利用は出来ませんので注意が必要です。

 

続きを読む≫ 2015/04/04 22:28:04

 

まず最初に、中央労働金庫(ろうきん)では個人向けの融資商品であるフリーローンは取り扱っていますが、商工ローンはありません。

 

フリーローンで借入をしてそれをつなぎ資金や新規事業資金として利用すれば良いとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、ろうきんのフリーローンは事業運転資金としての利用は出来ません。

 

ろうきんのフリーローンにしろ、その他のビジネスローンにしろ、まとまったお金を借りるためには審査に通過しなければいけませんが、決して甘い審査では無く、そう簡単に借りることは出来ません。

 

緩い審査で通りやすいローン商品として、中小の金融業者での借入が挙げられますが、即日融資は難しいですし、知名度の低さから何かと不安があるかと思います。

 

個人事業主ではなく、一般企業や会社で運転資金がショートし、どうしても資金繰りをしたい場合には、売掛金の買い取りサービスである「ファクタリング」を利用しましょう。

 

ファクタリングは融資ではありませんので、他社のビジネスローンで断られた場合でも、全く問題なく、来月の売掛金が100万円を超えていれば資金調達をすることが出来ます。

 

ただし、安定した売掛金が毎月あることが最低条件の一つですのでご注意ください。

 

「資金が無くて倒産の危機だ!」「現在の赤字経営を解消したい!」といった時には、是非ファクタリングで資金調達をしてみてください。

 

続きを読む≫ 2015/04/04 22:23:04

 

来店不要で手続きが可能で、事業運転資金としての利用でしたら年収の1/3を超える融資を可能にしているのがセゾンファンデックスのビジネスローンです。

 

最大で500万円までの借入が出来るので、会社の資金がショートしてしまい、どうしても資金繰りをしなければいけないという時には大変助かります。

 

ただ問題となるのが、セゾンファンデックスなどで取り扱う商工ローンというのは、厳しい審査をパスしなければいけないということです。

 

ちょっとしたつなぎ資金を借入しようと思っても、決して緩い審査ではなく、甘い通りやすい審査を期待することは出来ません。

 

 

 

それでしたら借入という概念を捨て、ファクタリングと呼ばれる売掛金の買い取りをしてもらうことをオススメします。

 

個人事業主という立場では利用することは出来ませんが、来月の売掛金が100万円以上あれば、即日に資金調達が可能です。

 

ただし来月だけではなく、毎月安定した売掛金があることが条件ですのでご注意ください。

 

ファクタリングは融資では無いので、会社のバランスシート上で負債として記録されませんし、取引先に知られることもありません。

 

セゾンファンデックスのビジネスローンなどで断られた場合、または倒産危機や赤字続きといった状況を改善したい場合には、是非ファクタリングで資金調達をしてみてください。

 

続きを読む≫ 2015/04/04 22:15:04

 

ここではJCBで資金調達を検討されている方のために、JCBのビジネスローンについて解説していきたいと思います。

 

JCBではカードローンによる借入れが可能で、既に利用されている方もいらっしゃるかもしれません。

 

カードローンは基本的に使徒制限がありませんが、事業運転資金など事業資金として使用することは禁止されています。

 

ですからJCBでの資金繰りは実質不可能ということになります。

 

銀行や商工ローンによる融資を受ける方法もありますが、審査はかなり厳しいので断られたという方のほうが圧倒的に多いのです。

 

銀行に比べ商工ローンは審査が甘い・緩いようですが、金利が高めですので経営を圧迫してしてしまう可能性が高いです。

 

資金がショートするのを恐れヤミ金に手を出してしまう経営者も中にはいるようですが、絶対に止めましょう。

 

ヤミ金に手を出してしまったが為に赤字や倒産に追い込まれた企業もある程です。

 

 

JCBではなく、ファクタリングなら即日資金調達も!

 

 

しかし、JCBによるビジネスローンや銀行を利用できなくても資金を調達する方法はあります。

 

資金調達が出来ない企業の助け舟として注目されているのがファクタリングです。

 

ファクタリングとは、企業の売掛け債権をファクタリング会社が買い取り、早期に資金化を図る方法です。

 

借入れではないため審査の方法も銀行などとは異なり、条件を満たしていれば比較的審査には通りやすいと言われています。

 

ファクタリングを利用する上での注意点は「毎月の売掛金が安定して発生していること」「次の月の入金が100万円以上あること」「法人の企業であること」になります。

 

ファクタリングによる資金繰りが良好になれば、銀行からの融資を受けられるようになる可能性も高まりますので、資金繰りでお困りであれば依頼をしてみると良いでしょう。

 

また場合によっては即日に資金を調達することも可能ですので、つなぎ資金として利用するのにも最適です。

続きを読む≫ 2015/03/26 02:07:26