他で融資を断られていても大丈夫!

ファクタリングなら即日に資金調達

↓ ↓ ↓ ↓


⇒まずは無料問い合わせを!

UPSの事業資金の融資審査は通りやすくはない?

 

 

UPSでは4種類ものビジネスローンを提供しています。
まずはそれぞれ特色を見ていきましょう。

 

アップス15

融資額は150〜1,000万円まで可能。
年率は15.0%の固定で、ビジネスローンの中では少々高めです。

 

アップス18

融資額は50〜99万円まで可能。
年率は18.0%の固定。

 

担保融資

融資額は300〜4,000万円まで可能。
相談によっては4000万円を超える借り入れもできる場合があります。
年率は12.0%。になっています。

 

開業融資

融資額は50万円〜300万円。年率は15.0%〜18.0%。
開業をする方のための開業資金ビジネスローンです。

 

 

それぞれニーズに合わせたアップスのビジネスローンはどれも魅力的ですが、審査は決して甘くはないようです。

 

やはり、事業資金の融資は個人に貸す金額とは違うので、審査も厳しくなるからです。

 

出来ることなら審査が緩い業者で借りたいと考えている場合は、UPSで借入れするのは難しいでしょう。

 

 

これに対し商工ローンは比較的緩い審査ですので、資金調達がしやすいと言えます。

 

即日対応をしていることもあり、銀行の融資までのつなぎ資金として利用される企業も少なくありません。

 

但し金利がかなり高いですので、事業運転資金を長期的に運用するのには向いていません。

 

企業によっては銀行からの融資を断られた、直ぐにでもまとまった資金が必要なのに支払期日がこないと回収できないなど、資金繰りでお困りの企業も多いかと思います。

 

 

そこでオススメなのが、最近多くの企業が利用しているファクタリングです。

 

借入れによる資金調達ではなく、自社の売掛け債権をファクタリング会社に譲渡し、資金化をする方法なのです。

 

本来、売掛け債権は取引先の支払期日がこないと回収できませんが、上述した通り売掛け債権が発生していれば、入金前であっても資金として回収することを可能としています。

 

即日対応もしており、更には最高で1億円の大口の資金調達も可能です。

 

これにより様々な資金ニーズにも合わせることができ、今までよりも迅速的かつ効率的な資金化が図れます。

 

売掛け債権が毎月安定している、来月の入金が100万円以上あればファクタリングの審査に通りやすいです。

 

資金がショートしそう、融資を断られた、スピーディーに資金化したいといった場合にファクタリングは非常に有効的です。

 

まずはファクタリング業者に相談だけでもされてみてはいかがでしょうか?


 

他で融資を断られても可能性アリ

ファクタリングなら即日に資金調達

↓ ↓ ↓ ↓


⇒まずは無料問い合わせを!