他で融資を断られていても大丈夫!

ファクタリングなら即日に資金調達

↓ ↓ ↓ ↓


⇒まずは無料問い合わせを!

ジェイエフシーの審査は通りやすくはないようです。

 

 

JFCのビジネスローンは審査が甘いのか、融資額はいくらまで対応しているのか、担保や保証人は必要なのか等、詳しく説明していきたいと思います。

 

ジェイエフシーのビジネスローンは300万円〜最大で5億円まどの借入が可能です。

 

また相談によっては5億円以上の融資も可能で、資金調達先としては絶好の銀行といえるでしょう。

 

大口融資を行なっているため、ジェイエフシーでは担保と保証人は必要となる場合があります。

 

また、残念ですがJFCの事業資金融資の審査は厳しめな傾向にあるようです。

 

事業運転資金を貸付する業者は、どこも審査は厳しくなります。

 

ですので、開業して間もない場合や、債務超過をしていたりなど基本的な条件を満たしていないと借り入れは難しいです。

 

実際に融資を断られた企業も少なくないという口コミもあるようですので、条件を満たしていない場合は無理に申し込まないほうが賢明です。

 

 

資金繰りでお困りの企業が銀行以外から融資を受けるさきとしてあげられるのが商工ローンと言われています。

 

銀行に比べ審査が緩いことから、直ぐにでも資金が必要な場合に活用される場合が多いようです。

 

場合によっては即日対応もしており、一時的なつなぎ資金として活用されるところもあります。

 

しかし、高金利で負担が大きいので経営を圧迫しかねません。

 

そのため、商工ローンは長期的な資金調達先としては向いていません。

 

 

銀行・商工ローン、この2つが今までの資金調達先としてメインで扱われてきましたが、最近ではファクタリングと呼ばれる金融サービスに注目している企業が多いことをご存知でしょうか?

 

ファクタリングとは、会社が持っている売掛債権をファクタリング会社に買ってもらい、資金を手にいれる方法です。

 

銀行や商工ローンなどの融資とは異なり、毎月安定した売掛債権が発生しており、来月に100万円以上の入金が発生していれば審査には通りやすいようで、最近依頼する企業が増えてきているサービスです。

 

売掛債権は支払期日にならないと回収できませんが、ファクタリングを利用すれば期日前でも資金化できますので、即日などでの資金ゲットも可能になります。

 

 

ファクタリングによっては、取引先企業からの債権が実質回収不可能となってしまった場合でも、定められた額内で保証をしてくれるところもあり、リスクヘッジとして申し分ないです。

 

事業運転資金やつなぎ資金のための融資を断られたという方も、ファクタリングであれば依頼できる可能性は十分にあります。

 

資金がショートしてしまっては会社も立ちいかなくなりますので、まずは詳細だけでも確認してみるとよいでしょう。


 

他で融資を断られても可能性アリ

ファクタリングなら即日に資金調達

↓ ↓ ↓ ↓


⇒まずは無料問い合わせを!