他で融資を断られていても大丈夫!

ファクタリングなら即日に資金調達

↓ ↓ ↓ ↓


⇒まずは無料問い合わせを!

ビジネスローンエール500は審査はゆるくない!

 

ここでは日本保証が提供するビジネスローンエール500について解説しています。

 

融資額や年率、また審査が甘い・緩いのかなど気になるのであれば、是非とも参考にしていただければと思います。

 

日本保証のビジネスローンの融資額は50万円から最高で500万円。

 

年率は9.8%〜18.0%と、比較的利用しやすいです。

 

気になる担保と保証人は原則不要ですので、手間がかかりません。

 

株式会社日本保証の審査は、やはり大口の融資になりますのでかなり厳しめと見たほうが良さそうです。

 

特に業績が悪化していたり、会社を立ち上げたばかりの企業ですと借入れするのはまず無理でしょう。

 

 

他の資金繰りとしては、商工ローンを利用する手もあります。

 

審査は比較的通りやすいようですので、借入れするのはそう難しくないようです。

 

但し、金利がかなり高いですから一時的なつなぎ資金としても利用するぐらいで、長期的には向いていません。

 

資金がショートしそうな時などの緊急で利用すぐらいしかメリットはないかと思います。

 

 

 

日本保証や商工ローン以外で資金を調達する方法としてオススメなのが「ファクタリング」です。

 

来週には売掛け債権の回収ができる目処が立っているにもかかわらず、直ぐにでも資金が必要なケースというのは珍しくありません。
しかし本来の売掛け債権は支払期日にならない限り回収ができないのはご存知かと思います。

 

ファクタリングは、売掛金をファクタリング会社に譲渡して、支払いの期限前でも資金化できる方法なのです。
場合によっては即日も可能なほど迅速に対応できる大きなメリットがあります。

 

 

また、万が一取引先の企業が倒産してしまい、事実上債権の回収が不可能となった場合でも、ファクタリング会社が保証してくれることがありますので、リスクヘッジにもなります。

 

この事から一時的なつなぎ資金としてだけでなく、長期的に事業運転資金の運用のために利用する企業も多いのです。

 

 

ファクタリングを依頼するためには、毎月の売掛け債権が安定して発生していること、来月の入金が100万円以上あること、この2つの条件を最低でも満たしている必要があります。

 

銀行から融資を受けるための審査よりも厳しくなく利用できますので、中々資金繰りが上手くいかないようであれば利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

ただしファクタリングは法人企業のみ利用可能となっていますので、個人事業主の方はお間違えのないように注意してください。

 

資金がショートする前に是非とも一度検討検討してみると良いのではないでしょうか?


他で融資を断られても可能性アリ

ファクタリングなら即日に資金調達

↓ ↓ ↓ ↓


⇒まずは無料問い合わせを!