資金調達についての気になる疑問!

 

資金繰りで頭を抱える経営者が多い中、近年日本の多くの企業で取り入れられている資金調達方法が「ファクタリング」です。

 

一度は耳にしたことがある方もいらっしゃるかと思います。

 

ここではファクタリングについて、メリットやデメリット・注意点などを交えてお話していきたいと思います。

 

まず、ファクタリングとは簡単にいえば「売掛債権を資金に変える金融サービス」です。

 

企業の売掛債権を専門業者が買い取り、回収を代行します。

 

依頼した企業はその業者から資金を提供してもらうという仕組みがファクタリングです。

続きを読む≫ 2015/06/06 17:14:06

 

公的融資ということから「日本政策金融公庫」の事業性資金融資は信頼と安全性が高く、非常に人気の融資商品です。

 

融資限度額は事業運転資金であれば最高4800万円、設備資金だと7200万円まで可能です。

 

日本政策金融公庫では「担保と保証人」は内容に応じてとなりますが、担保があると金利は低くなります。

 

公的融資は大口融資・低金利ですので資金繰りとしてはこの上ない好条件です。

 

 

しかし、知ってのとおり日本政策金融公庫を利用するための条件はかなり厳しいのが現実です。

 

ヘタをすれば、銀行よりも借り入れするのが難しい場合もあるようです。

 

また、審査手続きも複雑で手間もかかるというデメリットが挙げられます。

 

かなり入念な事業計画書などを用意しなければならないのは言うまでもありません。

 

 

審査が甘いわけではありませんが、信用金庫・消費者金融等の金融機関でビジネスローンを申し込んだほうが融資は受けられる可能性はあるかと思います。

 

とは言え、ビジネスローン・事業者ローン・商工ローンであっても融資を断られる企業は多いです。

 

業績悪化している企業が少なくありませんので審査は以前よりもシビアと言えるでしょう。

 

 

資金繰りは何も借り入れによる方法だけではありません。

 

今は自社の債権を資金化させる金融サービス「ファクタリング」もありますので、日本政策金融公庫等の金融機関から融資を断られた場合はこちらを検討してみるのも良いでしょう。

 

毎月100万以上の売掛金が安定してあれば、税金滞納履歴があったり、債務超過、リスケ中であっても資金化できる可能性はあります。

 

ファクタリングは比較的利用条件が緩めで、審査に通るのは難しくないといえるでしょう。

 

ただし、残念ながら個人事業主・自営業者は利用は出来ません。

 

法人企業であれば利用はできるので、カンタン無料見積り診断などをファクタリング会社のHPで試してみるのもオススメです。

 

続きを読む≫ 2015/05/05 23:39:05

企業によっては事業運転資金がすぐにでも必要というケースが出てくるかと思います。

 

銀行のビジネスローンや貸金業者の事業者ローン、もしくは商工ローンで融資を受けようと思っても直ぐに借り入れが出来るわけではありません。

 

どうしても審査から融資までに時間がかかってしまい、融資による資金繰りには素早い対応が出来ないという欠点があります。

 

ビジネスをする上で資金は必要不可欠。

 

ショートしてしまっては倒産危機に晒されてしまいます。

 

 

また、銀行などの事業者ローンの審査基準は厳しいですから断られることも考えられます。

 

申し込めば必ずしも借り入れできるわけではありません。

 

 

では融資を断られた場合はどうすれば良いのか?

 

いくつか方法はありますが、オススメはファクタリングによる資金調達です。

 

 

 

借り入れではないので、審査方法が異なりますので、条件さえ合えば即日の資金調達も可能です。

 

消費者金融でも即日融資を売りにしたローンはありますが、融資額が低い場合が殆どです。

 

これに対しファクタリングなら1億円近くまで資金化が可能ですので、大口の資金ニーズにも応えられるのです。

 

素早い対応が魅力ですので、銀行からの融資を受けるまでのつなぎ資金としても利用出来ます。

 

急な資金繰りでもファクタリングであれば安心といえるでしょう。

続きを読む≫ 2015/05/04 20:41:04

 

ビジネスをする上で資金繰りは非常に重要です。

 

資金ショートが原因で倒産してしまう企業もあるほどですので、資金調達は経営者にとって悩みどころでもあります。

 

銀行のビジネスローンで融資を受けられれば一番ですが、中々そうもいきません。

 

低金利で大口融資、これほど好条件の借り入れ先は銀行以外ありませんから、是非とも融資をお願いしたいところでしょう。

 

しかし利用するための審査通過条件が非常に多く、ハードルが高いのが銀行融資です。

 

 

それでは、銀行からの融資を断られた場合はどうすれば良いのでしょうか?

 

恐らく消費者金融の事業者ローンや商工ローンを利用する方が多いのではないでしょうか?

 

ご存じの方も多いように、消費者金融の審査は銀行に比べるとハードルが低めですから利用者が絶えないようです。

 

 

しかし消費者金融のローンは基本的に「高金利」です。

 

一時的に資金繰りが順調になったとしても直ぐに経営を圧迫しかねません。

 

即日対応が売りですから、あくまでつなぎ資金のような一時的な利用であって、長期的な資金繰りには向きません。

 

 

 

しかし、売掛債権が安定的に発生しているのであれば「ファクタリング」による資金調達も可能ですので、ビジネスローンを断られてしまった場合は検討してみると良いかと思います。

 

即日対応で急な資金ニーズに対応できるのもそうですが、リスクヘッジやキャッシュフローの推進にも役立ちますので、事業運転資金の長期的な取り引きにも向いています。

 

簡単に無料で見積りしてくれるファクタリング会社もあるので、銀行などのビジネスローンを断られてしまってもあきらめないでチェックしてみるのがオススメです。

 

 

続きを読む≫ 2015/05/03 20:02:03

 

「銀行から無事に融資を受けられたとしても、その借り入れ返済が困難となってしまった・・・」

 

このような状況に陥ってしまった場合、一体どうすれば良いのでしょうか?

 

この場合、銀行への返済額を減額してもらう方法を取るのが最善策です。

 

これをリスケジュールと呼び、殆どの企業はリスケジュールによって立て直しを図っています。

 

とは言え、リスケジュールはそう簡単に出来るものではありません。

 

銀行の担当の方にリスケジュールの申し出をしても承諾をしてもらえる可能性は限りなく低く、場合によっては数ヶ月かかることもあります。

 

 

また、当然ですがリスケジュールの期間中は借入れができません。

 

ただでさえ返済が困難な状況なわけですから、借り入れができる訳ありません。

 

 

リスケジュール期間中に資金調達するには?

 

 

ではリスケジュール期間中の資金調達はどうすれば良いのでしょうか?

 

商工ローン(ビジネスローン)によって資金繰りをするという方法もあるかもしれませんが、あまりオススメできません。

 

何故なら銀行に商工ローンを利用していることがバレてしまうと、突然融資を打ち切られたり、貸し剥がしに合う可能性が高いからです。

 

銀行とは長期的に付き合っていくわけですから、ここで融資を打ち切られてしまっては今後の経営に大きく響きます。

 

資金がショートしてしまい赤い字経営、最悪の場合倒産してしまう可能性も否定できません。

 

そこで注目したいのがファクタリングです。

 

ファクタリングはファクタリング会社が、企業の売掛債権を買い取り早期に資金化をするサービスであり、事業運転資金を調達するための方法として最近多くの企業が取り入れ始めています。

 

債権の回収は支払期日までは出来ないのが一般的ですが、ファクタリングは期日前でも資金化することが出来、早い時は即日にも対応できるスピーディーさを兼ね備えています。

 

ですからつなぎ資金としても最適なのです。

 

銀行とは異なり「リスケジュール・赤字・債務超過」でも、ある一定の条件を満たしていれば資金化は可能ですので、リスケジュール中でも安心です。

 

大口にも対応していますので、銀行からの融資を断られたという方も諦めずに依頼をしてみてはいかがでしょうか?

続きを読む≫ 2015/04/19 16:45:19

資金繰りで頭を悩ませる事業者は多くいらっしゃいます。

 

資金調達が潤沢でないと会社の経営が危険に晒されてしまいますので、何としてでも資金をショートさせないよいうにと、日々奮闘されていることでしょう。

 

資金を得るための方法として真っ先に浮かぶのが銀行が提供するビジネスローンや商工ローンかと思います。

 

特に銀行は安心感があるだけでなく低金利で借入れが出来ますので、負担が軽くて済むのは経営者にとってありがたいものです。

 

額も大口に対応していますので、資金ニーズに合わせられるのも魅力的です。

 

商工ローンは銀行に比べると金利は高めですが、比較的借入れがし易いことから銀行で断られたという方が利用されている方が多いです。

 

ですが、どちらも実際は融資を中々してくれないことが多く、特に銀行はハードルが高いと言われています。

 

また、商工ローンで借り入れしていると、銀行からの融資を打ち切られることもあるので、出来れば利用は避けたいところ。

 

一時的なつなぎ資金として利用するのであれば、消費者金融から借りるという方法もありますが、長期的な目線で考えると高金利ですので適していないのは言うまでも無いでしょう。

 

 

 

では銀行や商工ローンでの借入れが難しいとなると、資金調達は諦めないといけないのでしょうか?

 

実は最近、これらの金融機関から融資が受けられなくても資金調達できる方法が注目されているのをご存知でしょうか?

 

アメリカでは古くから取り入れられている資金調達方法で、日本でもようやく浸透してきています。

 

それが「ファクタリング」と呼ばれるサービスです。

 

ファクタリングは借入れではなく、ファクタリング会社が企業の売掛債権を買い取り資金化を図るというものです。

 

「入金は確実にあるが、支払期日まで待たないといけない」「直ぐにでも資金が必要」となった時でも基本的に債権の回収は不可能です。

 

しかしファクタリングを利用すれば、支払期日の前でも債権を即日資金化することが可能です。

 

そのため、ファクタリングを事業運転資金として利用する企業が増えています。

 

場合によっては即日に資金を調達できることもありますので、急ぎ資金が必要といった時にも対応出来るのがファクタリングの魅力です。

 

資金調達が上手く行かなく赤字経営や倒産してしまう企業が毎年多く、非常に厳しい状況が続いています。

 

そんな中で企業の新たな助け舟として注目され始めているファクタリング、毎月安定した売掛金があり来月の入金が100万円以上あるという場合は、依頼することが出来ますので、まずは一度相談してみることを推奨します。

 

続きを読む≫ 2015/04/19 16:37:19