他で融資を断られていても大丈夫!

ファクタリングなら即日に資金調達

↓ ↓ ↓ ↓


⇒まずは無料問い合わせを!

即日で資金調達もできるファクタリング!

 

 

資金繰りで頭を抱える経営者が多い中、近年日本の多くの企業で取り入れられている資金調達方法が「ファクタリング」です。

 

一度は耳にしたことがある方もいらっしゃるかと思います。

 

ここではファクタリングについて、メリットやデメリット・注意点などを交えてお話していきたいと思います。

 

まず、ファクタリングとは簡単にいえば「売掛債権を資金に変える金融サービス」です。

 

企業の売掛債権を専門業者が買い取り、回収を代行します。

 

依頼した企業はその業者から資金を提供してもらうという仕組みがファクタリングです。


 

ファクタリングのメリットは?

 

ではファクタリングにはどのような良い点(メリット)があるのでしょうか?

 

・早期に資金化が可能
・無担保・無保証
・バランスシートをスリム化
・支払の義務が発生しない

 

通常であれば支払期日が到来するまでは債権を資金化出来ませんが、ファクタリングを利用することで必要資金に応じて債権を買い取ってもらい、早期に資金化が可能となります。

 

条件によっては即日も出来るほどのスピーディさが魅力です。

 

ビジネスローン等で融資を受けるとなると「担保や保証人が必要」となるケースが殆どですが、ファクタリングは無担保無保証で資金繰りができ、リスクも抑えることが可能なのもポイントです。

 

事業者ローンや商工ローンでつなぎ資金を得るために借り入れをされる企業も多いかと思いますが、借入金の返済には利子を付ける必要があり資金繰りを圧迫しかねます。

 

ファクタリングは借り入れではないのでバランスシート上は負債にあたらず、スリム化を図ることが出来ます。

 

先行き不透明な世の中ですから、取引先が倒産してしまうことも考えられます。

 

そうなると債権の回収は不可能となるケースが多いですが、ファクタリングは譲渡金を返済する義務が発生しませんのでリスクヘッジも十分です。


 

これに注意!ファクタリングのデメリット!

 

メリットが多いファクタリングですが、注意点(デメリット)もありますので、きちんと抑えた上で利用するようにしましょう。

 

・売掛先企業の承諾が必要(3社間の場合)
・手数料等がかかる
・必ずしもリスクを負担してくれるわけではない
・個人事業主は利用不可

 

3社間のファクタリングは売掛先企業に黙って利用できるわけではなく、承諾を得なければいけない場合があります。

 

そうなると交渉や手続を取らなけれないけず、手間がかかってしまいます。

 

しかし、2社間のファクタリングであれば取引先に知られることはないので、取引先にバレたくないという企業は2社間のファクタリングを利用してください。

 

 

借り入れではありませんので利息を払うといったことはありませんが、ファクタリング会社に手数料や掛け目が必要となります。
当然、そのぶん目減りはします。

 

 

売掛先企業が倒産しても譲渡金の支払い義務は発生しないと、メリットの部分でお話しましたが、これは必ずしも義務が発生しないわけではありません。

 

ファクタリング会社によってリスクを保証してくれない場合もありますので、申込前に必ず確認する必要があります。

 

 

融資を断られた企業がファクタリングを利用するケースが多いですが、あくまで法人向けのサービスですので、個人事業主は利用出来ませんのでご注意下さい。

 

 

...以上ファクタリングのメリットと注意点を簡単ではありますがお話させていただきました。

 

会社によっては1億円まで資金化できるなど大口対応をしてくれる場合もあるなど、多くのメリットがあります。

 

事業運転資金がショートしてしまってからでは手遅れですから、まずは詳細だけでも確認してみてはいかがでしょうか?

 

 

取引先に知られない2社間ファクタリングはこの下


 

他で融資を断られても可能性アリ

ファクタリングなら即日に資金調達

↓ ↓ ↓ ↓


⇒まずは無料問い合わせを!