リスケジュールするにはどうすればいい?

リスケする前にファクタリングを試してみるのもオススメ!

 

「銀行から無事に融資を受けられたとしても、その借り入れ返済が困難となってしまった・・・」

 

このような状況に陥ってしまった場合、一体どうすれば良いのでしょうか?

 

この場合、銀行への返済額を減額してもらう方法を取るのが最善策です。

 

これをリスケジュールと呼び、殆どの企業はリスケジュールによって立て直しを図っています。

 

とは言え、リスケジュールはそう簡単に出来るものではありません。

 

銀行の担当の方にリスケジュールの申し出をしても承諾をしてもらえる可能性は限りなく低く、場合によっては数ヶ月かかることもあります。

 

 

また、当然ですがリスケジュールの期間中は借入れができません。

 

ただでさえ返済が困難な状況なわけですから、借り入れができる訳ありません。

 

 

リスケジュール期間中に資金調達するには?

 

 

ではリスケジュール期間中の資金調達はどうすれば良いのでしょうか?

 

商工ローン(ビジネスローン)によって資金繰りをするという方法もあるかもしれませんが、あまりオススメできません。

 

何故なら銀行に商工ローンを利用していることがバレてしまうと、突然融資を打ち切られたり、貸し剥がしに合う可能性が高いからです。

 

銀行とは長期的に付き合っていくわけですから、ここで融資を打ち切られてしまっては今後の経営に大きく響きます。

 

資金がショートしてしまい赤い字経営、最悪の場合倒産してしまう可能性も否定できません。

 

そこで注目したいのがファクタリングです。

 

ファクタリングはファクタリング会社が、企業の売掛債権を買い取り早期に資金化をするサービスであり、事業運転資金を調達するための方法として最近多くの企業が取り入れ始めています。

 

債権の回収は支払期日までは出来ないのが一般的ですが、ファクタリングは期日前でも資金化することが出来、早い時は即日にも対応できるスピーディーさを兼ね備えています。

 

ですからつなぎ資金としても最適なのです。

 

銀行とは異なり「リスケジュール・赤字・債務超過」でも、ある一定の条件を満たしていれば資金化は可能ですので、リスケジュール中でも安心です。

 

大口にも対応していますので、銀行からの融資を断られたという方も諦めずに依頼をしてみてはいかがでしょうか?


関連ページ

日本政策金融公庫の事業資金融資は審査は甘い?
国金が提供している事業者ローンは審査の基準は厳しいのか通りやすいのか調べてみた。
資金繰りがショート寸前!融資してもらうにはどうすれば?
赤字や業績不振などで資金繰りが悪化し、倒産の危機にある場合、一体どのように事業運転資金を借入すればよいのでしょうか?
ビジネスローン・事業資金融資を断られてしまったら...。
銀行・信用金庫・消費者金融など様々な法人・個人事業主向けの借入機関がありますが、もし融資を断られた場合、どうすればいいのでしょうか?オススメの方法をご紹介していきます。
事業資金を即日で融資してもらうにはどうしたらよい?
法人や自営業の個人事業主が、銀行や消費者金融などから事業運転資金をすぐに借入れするにはどうすればいいのでしょうか?
ファクタリングとはどんな資金調達法なの?
売掛債権買取サービスであるファクタリングの特徴やメリット・デメリットをご紹介!