事業資金を即日で融資してもらうにはどうしたらよい?

ビジネスローンでスピード融資してもらうには?

企業によっては事業運転資金がすぐにでも必要というケースが出てくるかと思います。

 

銀行のビジネスローンや貸金業者の事業者ローン、もしくは商工ローンで融資を受けようと思っても直ぐに借り入れが出来るわけではありません。

 

どうしても審査から融資までに時間がかかってしまい、融資による資金繰りには素早い対応が出来ないという欠点があります。

 

ビジネスをする上で資金は必要不可欠。

 

ショートしてしまっては倒産危機に晒されてしまいます。

 

 

また、銀行などの事業者ローンの審査基準は厳しいですから断られることも考えられます。

 

申し込めば必ずしも借り入れできるわけではありません。

 

 

では融資を断られた場合はどうすれば良いのか?

 

いくつか方法はありますが、オススメはファクタリングによる資金調達です。

 

 

 

借り入れではないので、審査方法が異なりますので、条件さえ合えば即日の資金調達も可能です。

 

消費者金融でも即日融資を売りにしたローンはありますが、融資額が低い場合が殆どです。

 

これに対しファクタリングなら1億円近くまで資金化が可能ですので、大口の資金ニーズにも応えられるのです。

 

素早い対応が魅力ですので、銀行からの融資を受けるまでのつなぎ資金としても利用出来ます。

 

急な資金繰りでもファクタリングであれば安心といえるでしょう。


関連ページ

日本政策金融公庫の事業資金融資は審査は甘い?
国金が提供している事業者ローンは審査の基準は厳しいのか通りやすいのか調べてみた。
資金繰りがショート寸前!融資してもらうにはどうすれば?
赤字や業績不振などで資金繰りが悪化し、倒産の危機にある場合、一体どのように事業運転資金を借入すればよいのでしょうか?
ビジネスローン・事業資金融資を断られてしまったら...。
銀行・信用金庫・消費者金融など様々な法人・個人事業主向けの借入機関がありますが、もし融資を断られた場合、どうすればいいのでしょうか?オススメの方法をご紹介していきます。
リスケジュールするにはどうすればいい?
「資金繰りの悪化」「銀行からビジネスローン融資を断られた」などの危機にある企業がリスケジュールするには一体どうすればいいのかを調べてみました。
ファクタリングとはどんな資金調達法なの?
売掛債権買取サービスであるファクタリングの特徴やメリット・デメリットをご紹介!