日本政策金融公庫の事業資金融資は審査は甘い?

公庫の審査基準はなかなか厳しい!

 

公的融資ということから「日本政策金融公庫」の事業性資金融資は信頼と安全性が高く、非常に人気の融資商品です。

 

融資限度額は事業運転資金であれば最高4800万円、設備資金だと7200万円まで可能です。

 

日本政策金融公庫では「担保と保証人」は内容に応じてとなりますが、担保があると金利は低くなります。

 

公的融資は大口融資・低金利ですので資金繰りとしてはこの上ない好条件です。

 

 

しかし、知ってのとおり日本政策金融公庫を利用するための条件はかなり厳しいのが現実です。

 

ヘタをすれば、銀行よりも借り入れするのが難しい場合もあるようです。

 

また、審査手続きも複雑で手間もかかるというデメリットが挙げられます。

 

かなり入念な事業計画書などを用意しなければならないのは言うまでもありません。

 

 

審査が甘いわけではありませんが、信用金庫・消費者金融等の金融機関でビジネスローンを申し込んだほうが融資は受けられる可能性はあるかと思います。

 

とは言え、ビジネスローン・事業者ローン・商工ローンであっても融資を断られる企業は多いです。

 

業績悪化している企業が少なくありませんので審査は以前よりもシビアと言えるでしょう。

 

 

資金繰りは何も借り入れによる方法だけではありません。

 

今は自社の債権を資金化させる金融サービス「ファクタリング」もありますので、日本政策金融公庫等の金融機関から融資を断られた場合はこちらを検討してみるのも良いでしょう。

 

毎月100万以上の売掛金が安定してあれば、税金滞納履歴があったり、債務超過、リスケ中であっても資金化できる可能性はあります。

 

ファクタリングは比較的利用条件が緩めで、審査に通るのは難しくないといえるでしょう。

 

ただし、残念ながら個人事業主・自営業者は利用は出来ません。

 

法人企業であれば利用はできるので、カンタン無料見積り診断などをファクタリング会社のHPで試してみるのもオススメです。

 


関連ページ

資金繰りがショート寸前!融資してもらうにはどうすれば?
赤字や業績不振などで資金繰りが悪化し、倒産の危機にある場合、一体どのように事業運転資金を借入すればよいのでしょうか?
ビジネスローン・事業資金融資を断られてしまったら...。
銀行・信用金庫・消費者金融など様々な法人・個人事業主向けの借入機関がありますが、もし融資を断られた場合、どうすればいいのでしょうか?オススメの方法をご紹介していきます。
リスケジュールするにはどうすればいい?
「資金繰りの悪化」「銀行からビジネスローン融資を断られた」などの危機にある企業がリスケジュールするには一体どうすればいいのかを調べてみました。
事業資金を即日で融資してもらうにはどうしたらよい?
法人や自営業の個人事業主が、銀行や消費者金融などから事業運転資金をすぐに借入れするにはどうすればいいのでしょうか?
ファクタリングとはどんな資金調達法なの?
売掛債権買取サービスであるファクタリングの特徴やメリット・デメリットをご紹介!