ビジネスローン・事業資金融資を断られてしまったら...。

事業者向けローンを断られたときの秘策はコレ!

 

 

ビジネスをする上で資金繰りは非常に重要です。

 

資金ショートが原因で倒産してしまう企業もあるほどですので、資金調達は経営者にとって悩みどころでもあります。

 

銀行のビジネスローンで融資を受けられれば一番ですが、中々そうもいきません。

 

低金利で大口融資、これほど好条件の借り入れ先は銀行以外ありませんから、是非とも融資をお願いしたいところでしょう。

 

しかし利用するための審査通過条件が非常に多く、ハードルが高いのが銀行融資です。

 

 

それでは、銀行からの融資を断られた場合はどうすれば良いのでしょうか?

 

恐らく消費者金融の事業者ローンや商工ローンを利用する方が多いのではないでしょうか?

 

ご存じの方も多いように、消費者金融の審査は銀行に比べるとハードルが低めですから利用者が絶えないようです。

 

 

しかし消費者金融のローンは基本的に「高金利」です。

 

一時的に資金繰りが順調になったとしても直ぐに経営を圧迫しかねません。

 

即日対応が売りですから、あくまでつなぎ資金のような一時的な利用であって、長期的な資金繰りには向きません。

 

 

 

しかし、売掛債権が安定的に発生しているのであれば「ファクタリング」による資金調達も可能ですので、ビジネスローンを断られてしまった場合は検討してみると良いかと思います。

 

即日対応で急な資金ニーズに対応できるのもそうですが、リスクヘッジやキャッシュフローの推進にも役立ちますので、事業運転資金の長期的な取り引きにも向いています。

 

簡単に無料で見積りしてくれるファクタリング会社もあるので、銀行などのビジネスローンを断られてしまってもあきらめないでチェックしてみるのがオススメです。

 

 


 

関連ページ

日本政策金融公庫の事業資金融資は審査は甘い?
国金が提供している事業者ローンは審査の基準は厳しいのか通りやすいのか調べてみた。
資金繰りがショート寸前!融資してもらうにはどうすれば?
赤字や業績不振などで資金繰りが悪化し、倒産の危機にある場合、一体どのように事業運転資金を借入すればよいのでしょうか?
リスケジュールするにはどうすればいい?
「資金繰りの悪化」「銀行からビジネスローン融資を断られた」などの危機にある企業がリスケジュールするには一体どうすればいいのかを調べてみました。
事業資金を即日で融資してもらうにはどうしたらよい?
法人や自営業の個人事業主が、銀行や消費者金融などから事業運転資金をすぐに借入れするにはどうすればいいのでしょうか?
ファクタリングとはどんな資金調達法なの?
売掛債権買取サービスであるファクタリングの特徴やメリット・デメリットをご紹介!