事業再生したい!運転資金の大口融資を受けるには?

もしビジネスローンを断られたらファクタリングがオススメです!

 

事業経営者にとって会社が倒産してしまうことが最も辛いものです。

 

会社の資金繰りが難しくなった時には、最悪の倒産を避けるために、銀行のビジネスローンや商工ローンなどで融資を受けたり、株式発行により出資を受ける、また知人や友人などから借入をするといった方法で資金調達し、ショートした事業運転資金に当てます。

 

これにより事業再生や企業再生が出来れば良いのですが、思うように資金調達が出来ない場合には、リスケジュールと呼ばれる返済額を減額したり、支払いを一時的に止める、また支払いを延期するといったことを銀行に相談することになります。

 

ただしリスケジュールは必ずしも受理されるものではなく、倒産を覚悟し赤字経営を続けなければいけなくなることもあります。

 

「銀行に断られたが、即日に大口のつなぎ資金を用意しなければ本当に会社が倒産してしまう」といった時にファクタリングと呼ばれるサービスを利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

ファクタリングなら即日で資金を調達することも十分に可能!

 

 

ファクタリングとは売掛金の買取サービスのことであり、安定した売掛金が毎月あれば、即日で数百万円の資金調達をすることも可能です。

 

ただしファクタリングをする月の翌月に100万円以上の入金が無ければいけません。

 

また、個人事業主の利用は出来ませんが、それでも誰にも迷惑をかけることなく資金調達が出来るこのファクタリングは、事業再生・企業再生の手段として大変オススメです。


 

熊本信用金庫の事業者ローンの中でも代表的なものをいくつかご紹介したいと思います。

 

資金繰りを検討している方は参考にしていただけると幸いです。

 

 

くましん創業支援特別ローン

熊本県内で新規事業の開業もしくは事業拡張をする方向けのローン。
事業運転資金は5年以内、設備資金は7年以内の期間で借入可能です。
融資金額は最大で500万円まで。

 

 

くましんサポートI

融資限度額最高1000万円までと潤沢な資金繰りが魅力的な事業者ローン。
但し借入期間は3年と短めですので、返済にはご注意を。

 

 

くましんビジネスリピートローン

融資額は500万円、1000万円の2コース。借入期間は最長10年とゆとりのある返済プラン。
法人・個人問わず利用可能で、繰り返し借り入れ出来る事業者ローンです。

 

 

 

熊本信用金庫の利用条件は銀行ほど厳しくは無いものの、甘くはないですから断られる企業も少なくありません。

 

どちらかといえば消費者金融のビジネスローンのほうが審査には通りやすく、申し込んだその日に融資を受けることも可能ですので、急な資金ニーズに対応できます。

 

ただし、経営状況が赤字だったり倒産寸前であれば、審査通過は消費者金融や商工ローンでも厳しいでしょう。

 

 

 

しかし、今注目のファクタリングであれば、「来月の売掛金」さえ確実のあるのであれば資金調達は可能です。

 

即日資金化も可能で、大口対応できますので今日中に100万円必要といった場合でも安心です。

 

手数料など掛かりますが、消費者金融の高金利と比較するとそこまで大きなコストにはなりません。

 

信用金庫などの金融機関からの融資が難しい場合は、ファクタリングを検討してみるのも良いのではないでしょうか?

 

ビジネスをする上で資金繰りは非常に重要です。

 

資金ショートが原因で倒産してしまう企業もあるほどですので、資金調達は経営者にとって悩みどころでもあります。

 

銀行のビジネスローンで融資を受けられれば一番ですが、中々そうもいきません。

 

低金利で大口融資、これほど好条件の借り入れ先は銀行以外ありませんから、是非とも融資をお願いしたいところでしょう。

 

しかし利用するための審査通過条件が非常に多く、ハードルが高いのが銀行融資です。

 

 

それでは、銀行からの融資を断られた場合はどうすれば良いのでしょうか?

 

恐らく消費者金融の事業者ローンや商工ローンを利用する方が多いのではないでしょうか?

 

ご存じの方も多いように、消費者金融の審査は銀行に比べるとハードルが低めですから利用者が絶えないようです。

 

 

しかし消費者金融のローンは基本的に「高金利」です。

 

一時的に資金繰りが順調になったとしても直ぐに経営を圧迫しかねません。

 

即日対応が売りですから、あくまでつなぎ資金のような一時的な利用であって、長期的な資金繰りには向きません。

 

 

 

しかし、売掛債権が安定的に発生しているのであれば「ファクタリング」による資金調達も可能ですので、ビジネスローンを断られてしまった場合は検討してみると良いかと思います。

 

即日対応で急な資金ニーズに対応できるのもそうですが、リスクヘッジやキャッシュフローの推進にも役立ちますので、事業運転資金の長期的な取り引きにも向いています。

 

簡単に無料で見積りしてくれるファクタリング会社もあるので、銀行などのビジネスローンを断られてしまってもあきらめないでチェックしてみるのがオススメです。

 

 

 

消費者金融として全国的に認知度の高いアイフルでも事業者ローンを取り扱っているのをご存知でしょうか?

 

ここではアイフルのビジネスローンについて解説していきますので、銀行からの融資が受けられない、直ぐにでも資金繰りが必要という方は参考にしてみてください。

 

アイフルの事業者ローンは借り入れ限度額は個人ですと1万円〜最高で250万円、金利は年12.55%〜18.0%、法人ですと1万円〜最高で300万円、金利は同じです。

 

アイフルは消費者金融ですので、やはり金利は法定利息ぎりぎりと高めです。

 

但し、審査スピードが早く即日借り入れに対応していますので、一時的な利用には最適です。

 

アイフルの審査条件は特に明記されていませんが、担保もしくは連帯保証人が必要となる場合がありますのでご注意下さい。

 

もちろん、事業者向けのローンとなると額も大きくなりますので、アイフルの審査は決して甘くありません。

 

その為、借り入れではない資金調達を検討される方も少なくありません。

 

 

 

借入しないで資金調達できるサービスとして利用者が増加しているのがファンクタリングです。

 

債権の回収を専門会社が行い、依頼した企業は取引先の支払期日前に資金として提供してもらうことが出来ます。

 

融資よりも短い日数で資金化出来ますので、直ぐにでも資金が必要なときも安心です。

 

事業運転資金やつなぎ融資にも利用出来ますので、新たな資金調達としてお勧めです。

 

条件を満たしていれば審査自体は通りやすいですが、会社によって条件が異なりますので詳細だけでも確認してみるとよいでしょう。

 

ここでは京都信用金庫が取り扱いする事業者ローン「中信スピードスター300」についてお話していきたいと思います。

 

京都信用金庫のローン商品は使い道自由で事業運転資金だけでなく消費性資金としても利用出来ますので、事業者ローンというよりもフリーローンに近いといえます。

 

融資額は最大で300万円、1万円もしくは10万円単位で借り入れ可能ですので、必要な分だけ資金調達が出来、計画的です。

 

融資期間は最長7年と長めですの、余裕を持った返済が出来るのも魅力です。

 

金利は審査結果に応じて年7.0%、年9.5%、年14.0%のいずれかとなります。

 

銀行にも劣らない低金利ですので、経営の圧迫の心配も少ないと言えます。

 

株式会社クレディセゾンの保証を利用しますので、担保や保証人は不要です。

 

利用条件ですが、継続した安定収入があれば主婦やパート・アルバイトでも申し込み可能です。

 

京都信用金庫の中信スピードスター300は厳しい審査とは言い難いものの、決して審査が甘くはないかと思います。

 

経営赤字などがあれば、「返済能力は認められない」ということで融資を断られてしまうこともあるようです。

 

しかし京都府内で事業を展開していないと融資が受けられないといった定めはないようです。

 

但し、実際に融資を受けるまでに時間を要しますので、即日性に欠けるのは否めません。

 

企業によっては直ぐにでも資金を調達しなければいけないというケースも珍しくありません。

 

 

そこでオススメなのがファクタリングです。

 

消費者金融を利用するという手もありますが、高金利で悪徳業者も紛れていますのでリスク面を考えるとファクタリングが適しています。

 

即日対応で最高1億円まで資金化が可能です。

 

一時的な利用だけでなく長期的な資金調達にも最適です。

 

自社の資金ニーズに応じて債権を売却するだけで資金に出来ますので、効率的です。

 

法人向けの金融サービスですので、個人事業主は利用出来ませんのでご注意を。

 

福岡銀行のビジネスローン「ベストリリーフ」は第三者保証人不要、スピード審査、新たな担保不要、事務手数料不要で事業運転資金をがっちりサポートしてくれるローン商品です。

 

借り入れ限度額は100万円から最高で3000万円まで可能です。

 

金利は年2.4%〜年11.0%と銀行だからこそ出来る低金利で返済負担を大きく軽減。

 

資金繰りとしてはかなり好条件ですが、その分、福岡銀行は審査が厳しい為、融資を断られたという企業も多いようです。

 

銀行の事業者ローンの審査は決して甘いものではありません。

 

条件をしっかりと満たしていれば審査に通りやすいかというとそうでもないのです。

 

申し込み欄に記載されている条件だけではありませんので、銀行から融資を受けるというのは本当に難しいものなのです。

 

緩い審査を行っている金融機関をお探しであれば貸金業者の中に、いくつか該当する業者があるかと思います。

 

ですが、悪徳である可能性もありますのであまりオススメは出来ません。

 

 

借入れが難しいのであればファクタリングを依頼してみるのも一つの手です。

 

売掛債権を譲渡し資金を提供してもらう仕組みで、国からも認められている金融サービスですので、安心できます。

 

利用条件はファクタリング会社によって違いますので、まずは相談してみると良いでしょう。

 

借入れではないので審査方法も異なり、即日で資金調達依頼できる可能性も十分にあります。

 

 

東京青山を拠点にしている湊屋商事では、資金ショートで頭を抱える企業や会社を融資という形で強力にバックアップしてくれるビジネスローンを取り扱っています。

 

まず「無担保ビジネスローン」ですが、最もポピュラーな資金調達方法であり、最大2000万円まで最短1営業日での借入を可能にしています。

 

すぐにでも資金繰りをしなければいけない時には非常に助かります。

 

そして「診療報酬債権担保ローン」は、将来発生する診療報酬債権を湊屋商事に譲渡する必要がありますが、3000万円とまとまった事業運転資金の借入が出来ます。

 

新規事業開発や企業再生など多額のお金が必要な場合には、「不動産担保ローン」があり、最大で5000万円までとなります。

 

このようにいくつかのビジネスローンがありますが、全てにおいて湊屋商事の審査基準は非常に厳しいといえるでしょう。

 

なぜならビジネスローンのような大口の融資は審査は慎重になるのが基本だからです。

 

このように、通りやすい審査では無いことから、少しでも審査の緩い金融機関をお探しでしたら湊屋商事は不向きかもしれません。

 

 

 

もし湊屋商事で断られた場合には、売掛金の買取サービス「ファクタリング」の利用もお勧めです。

 

条件を満たしていれば高確立で即日の資金調達が可能です。

 

法人のみが利用可能なサービスであり、個人事業主だと利用は出来ませんが、すぐにでもつなぎ資金が必要という時でも安心です。

 

詳しい利用条件などは、ファクタリング会社のサイトを見てみるといいでしょう。

 

無料で「いくら資金調達できるのか?」の見積もり診断してくれるので、気になるのであればチェックしてみましょう。

 

不動産担保ローンで融資実績が33年と信頼と実績のある日宝では、「不動産活用ローン」という名称で法人個人問わずに事業運転資金やつなぎ資金などの資金繰りをすることが出来ます。

 

驚くことに最大5億円までの融資が可能なことから、これから新しい事業に参入する企業や会社にとって大きなサポートに繋がること間違いありません。

 

気になるのは日宝の審査で断られたというケースが結構多くあることで、通りやすい審査では無いということです。

 

大口融資のため厳しい審査となり、「甘いビジネスローンで借入をしたい」「緩い審査基準で即日に資金調達が必要」といった場合にはオススメ出来ません。

 

では日宝のビジネスローンで断られてしまった場合はどうしたらいいのでしょうか?

 

日宝やその他金融機関でなくとも、資金ショートの悩みを解決出来る手段は実はほかにもあります。

 

 

 

それは、いわゆるファクタリングというサービスです。

 

これは取引先からの「入金待ち状態」になっている売掛金を即時に買い取ってもらうことが出来るサービスとなります。

 

毎月売掛金が安定している発生していること、そして来月に100万円以上の売掛金の入金がある場合に限り利用出来るサービスで、個人事業主の利用は出来ません。

 

条件を満たしている法人企業であれば、即日の資金獲得も問題ありません。

 

ファクタリングでどのくらい資金調達が出来るかを無料で見積もり診断してくれるサイトがあるので、まずは実際に利用してみてください。

 

ジャパンネット銀行では、法人・個人事業主向けのビジネスローン「JNBストアローン」を提供しています。

 

50万円から最高で1000万円まで借入れ可能で年率は8.2%とかなりの低金利です。

 

この事から融資を希望する企業は多いようですが、ジャパンネット銀行のビジネスローンはYahoo!ショッピングに出店している法人・個人事業者が対象となります。

 

また審査自体も厳しく、融資を断られたという人が多いようです。

 

 

ジャパンネット銀行のビジネスローンがダメな場合、他には商工ローンで資金繰りをする方法もあります。

 

ですが、高金利で負担が大きいので長期的に事業運転資金を調達するのは避けたほうが良いでしょう。

 

審査は甘い・緩いと言われており、即日といかなくても融資までの期間は短くつなぎ資金としてだけで利用するのであれば良いのかもしれません。

 

ただし、銀行から融資を受けている場合は貸し剥がしに合う危険性がありますので該当する方は利用を控えたほうが良いかと思います。

 

 

 

銀行・商工ローンそれぞれにメリットデメリットがありますが、最近ではファクタリングと呼ばれる資金調達方が注目されているのをご存知でしょうか?

 

ファクタリングは銀行などから融資を受けるのではなく、ファクタリング会社に「現在ある売掛け債権」を買ってもらい、支払期日前に資金化ができる方法なのです。

 

通常売掛け債権は支払期日前に回収することは出来ません。

 

しかしファクタリングなら、それが可能ですので早ければ即日にも資金化できるほどの対応スピードを誇っています。

 

より資金ニーズに対応することができるだけでなく、リスクヘッジも兼ね備えていますので一時的でなく長期的に活用しようとする企業も多いのです。

 

気になる審査ですが、売掛け債権が毎月安定して発生しており来月の入金が100万円以上あれば比較的通りやすいようです。

 

ただし個人事業主は依頼できないようですので、その点はお間違えないようご注意ください。

 

ジャパンネット銀行でビジネスローンをと考えていた人は、資金ショートに陥る前にファクタリングで早期の資金化を図ってみてはいかがでしょうか?

 

三鷹産業の事業者ローンは、融資額はいくらなのか、金利はどれぐらいか、審査は甘いのかなど気になる方は、是非とも参考にしていただければと思います。

 

三鷹産業の事業者ローンの融資額は100万円〜1,000万円、金利は7.00%〜14.80%となっています。

 

審査・融資の早さが売りで、即日借入れも難しくありません。

 

気になる三鷹産業の審査基準ですが、銀行などに比べ緩い傾向にありますが、比較的審査は厳しいと言われています。

 

大口の金額を融資するとなれば、審査が厳しくなって当然です。

 

 

三鷹産業の融資に申し込み、万が一のことを考え、ほかの商工ローンにも申し込むという企業は少なくありません。

 

ですが多くの商工ローンは高金利な上に、評判があまり良くありません。

 

銀行融資を打ち切られたり貸し剥がしのリスクが有りますので、出来れば融資は止めておいたほうが良いでしょう。

 

 

 

オススメの資金調達法はファクタリングです。

 

毎月安定した売掛債権が発生していれば依頼できる可能性は高く、売掛債権の支払期日前に資金を提供してもらうことが出来ます。

 

借入れではない為、審査方法も異なり、信用情報に履歴が残ることも、取引先に知られる心配もありません。

 

リスクヘッジも備わっていますので事業運転資金として活用し始める企業が年々増加しています。

 

条件は依頼する会社によって異なりますので、まずは詳細を確認してみてください。

 

 

大型ショッピングセンターでおなじみのイオンでもイオン銀行としてビジネスローンを提供しています。

 

融資を受けるには面談が必要となり、契約は店舗にてする事となりますので手間がかかります。

 

その為、具体的な内容も実際に相談してみないことには分からない状況です。

 

銀行が提供するビジネスローンですので審査が厳しいのは言うまでもありません。

 

多くの銀行では業歴が2年以上で債務超過がないことが最低条件として掲げています。

 

そのため、業績がかなり赤字だったりすると、イオン銀行でも事業資金融資は厳しいといえるでしょう。

 

 

銀行からの融資を断られた場合、商工ローンから借入れをするという手もあります。

 

即日とまでとはいかなくても、早い段階で融資を行ってくれることが多く事業運転資金だけでよりかは、つなぎ資金としても利用される企業が多いようです。

 

高金利であることも理由の一つに挙げられます。

 

金利負担が大きいと経営を圧迫しかねませんので一時的な付き合いで利用するにとどめたほうが良いでしょう。

 

 

 

では銀行以外で長期的に資金繰りができる方法は他にないのでしょうか?

 

実は今、企業の多くが注目しているサービスがあります。

 

それがファクタリングです。

 

このサービスは、銀行や商工ローンから融資を受けるのではなく、売掛け債権を譲渡し早期に資金化するというものです。

 

売掛け債権は基本的に支払期日がこないと回収できません。

 

急ぎの用で資金が必要となった時でも取引先にお願いをしたところで応じてくれることはまずありません。

 

しかしファクタリングを利用すれば、支払期日前に売掛け債権を資金化できますので、ニーズに合わせやすいというメリットがあります。

 

即日にも資金調達することも難しくないですから、直ぐにでも資金が必要となった時も対応できる柔軟さがあります。

 

今までよりも迅速的で効率的と言えるでしょう。

 

 

また、取引先企業が万が一倒産してしまっても保証してくれるケースもありますので、リスクマネジメントも兼ね備えていることから多くの企業がファクタリングを取り入れ始めています。

 

毎月売掛金が安定して発生しており、入金が100万円以上あれば比較的審査には通りやすいようですので、まずは詳細だけでも確認してみると良いでしょう。

 

資金がショートしてからでは遅いですから、新たな手段として是非とも検討してみると良いでしょう。