事業再生したい!運転資金の大口融資を受けるには?

もしビジネスローンを断られたらファクタリングがオススメです!

 

事業経営者にとって資金繰りが悪くなり、会社が倒産してしまうことが最も辛いものです。

 

会社の資金繰り表がどんどん右肩下がりになってくれば、経営者は気が気ではないでしょう。

 

最悪の企業の倒産を避けるために、国からの給付金や銀行のビジネスローン・商工ローンなどで融資を受けたり、株式発行により出資を受ける、また知人や友人などから借入をするといった方法で資金調達し、ショートした事業運転資金に当てます。

 

これにより事業再生や企業再生が出来れば良いのですが、思うように資金調達が出来ない場合には、リスケジュールと呼ばれる返済額を減額したり、借入金の支払いを一時的に止める、また支払いを延期するといったことを銀行に相談することになります。

 

ただしリスケジュールは必ずしも受理されるものではなく、倒産を覚悟し赤字経営を続けなければいけなくなることもあります。

 

ここで1つ提案ですが、仮に「銀行などの金融機関に融資を断られたが、即日に大口のつなぎ資金を用意しなければ本当に会社が倒産してしまう」といった時にはファクタリングと呼ばれるサービスを利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

ファクタリングなら即日で資金を調達することも十分に可能!

 

 

ファクタリングとは売掛金債権の買取サービスのことであり、安定した売掛金が毎月あれば、即日で数百万円の資金調達をすることも可能です。

 

ただしファクタリングをする月の翌月に100万円以上の入金が無ければいけません。

 

また、個人事業主の利用は出来ませんが、それでも誰にも迷惑をかけることなく資金調達が出来るこのファクタリングは、事業再生・企業再生の手段として大変オススメです。


 

千葉銀行では2種類のビジネスローンを用意しています。

 

ここではそれぞれの特徴を簡単にですが説明させていただきます。

 

 

ちばぎんビジネスローン

融資額は100万円〜最高で3000万円。金利は年3.25%と銀行ならではの低金利です。
担保保証人は原則不要で借入可能なビジネスローンです。
申し込みから審査回答まで3営業日以内とスピード対応です。

 

 

ビジネスローンミニ

スピード回答が魅力的なビジネスローン。
個人事業主および法人利用可能です。
融資額は最高で500万円、金利は年6.60%。担保保証人は原則不要。

 

 

資金ニーズに素早く応えてくれる千葉銀行のビジネスローンですが、審査は厳しめですので融資を受けるのは難しいと言わざるを得ません。

 

銀行のような金融機関が提供するビジネスローンはどこも審査が厳しいです。

 

これに対し商工ローンは審査が甘い傾向にあり、基準が緩いといった業者が多く、事業資金を借入れしやすい面もあります。

 

しかし審査が通りやすいが故にリスクが大きいことを予め知っておいたほうが良いでしょう。

 

金利が高い上に銀行からの融資を断られやすいというリスクが有りますので。

 

長期的な資金繰りには向いていません。

 

今後、銀行融資を検討しているもしくは新たに資金調達法を探しているのであれば、ファクタリングをぜひ試してみるのがいいでしょう。

 

 

企業の売掛債権をファクタリング会社が買い取り資金を提供してもらう方法をファクタリングといいます。

 

自社の必要資金に応じて債権を譲渡し売却代金を受けるとことが出来ますので、融資よりも迅速的かつ効率的です。

 

また担保不動産・保証人なしで利用できるのも特徴です。

 

万が一売掛金が回収不能になった場合でもファクタリング会社によってはリスクを負担してくれるケースが有りますので、支払い義務が発生しません。

 

審査条件も銀行融資とは異なり、売掛金が発生しているかが大きなポイントとなります。

 

ですから融資を断られたという企業でも審査に通りやすいので、資金繰りが上手くいかないという場合は依頼してみると良いかと思います。

 

 

栃木銀行が販売提供するビジネスローンは、審査が甘いのか?

 

資金繰りの為に借入れを検討されている方であれば気になる所かと思います。

 

栃木銀行のビジネスローン「とちぎんビジマックス」は、融資限度額最高5000万円、借入期間は最長で5年とゆとりのある返済プランが立てられます。

 

資金の使い道は事業運転資金・設備資金どちらも可能です。

 

金利は審査結果に応じて決まりますが、銀行が提供するローン商品は低金利が魅力の1つでもありますので、月々の返済負担はそこまで大きくなることはありません。

 

また栃木県よりエコキーパー事業所として認定されていますと取扱手数料が全額免除になる優遇措置もあります。

 

銀行のような金融機関が販売するビジネスローンは大口かつ、低金利であることが多く資金調達には最適です。

 

ですがその分審査は厳しい為、「経営業績がイマイチ」、「会社の業歴が短い」といった企業ですと借入れは難しいといえるでしょう。

 

ビジネスローンは銀行以外の金融機関でも販売されており、審査は緩い傾向にあります。

 

しかし、中には悪徳業者も存在し、経営を悪化させてしまう恐れもありますので注意が必要です。

 

 

 

また、融資を断られた場合でも、今後の資金繰り次第では審査通過出来る可能性は十分にあります。

 

今注目を集めているファクタリングであれば利用条件が銀行ほど厳しくありませんので、審査に通りやすいです。

 

借入や融資とは違い負債記録がつかず、かつ、毎月安定した売掛金があれば即日での資金ゲットも十分可能です。

 

法人向けの金融サービスとなりますので、個人事業主の方は依頼できません。

 

各ファクタリング会社によって条件が異なりますので、まずは詳細を確認してみると良いかと思います。

 

 

日本証券金融のビジネスローンに申込を検討されている方は、融資額や金利は勿論、審査が厳しいのか等も気になる所かと思います。

 

日本証券金融の事業者ローンは、3000万円〜最高で5億円と超大口融資を可能としたビジネスローンです。

 

金利は年1.8%〜5.8%とかなりの低金利ですので毎月の返済も軽くて済みます。

 

日本証券金融で借り入れできれば良いですが、借り入れ限度額が高いことから決して審査自体は甘くはないということがお分かりいただけるかと思います。

 

 

銀行や消費者金融でも事業者ローンは取り扱っていますので、そちらで資金調達を考えると良いでしょう。

 

但し銀行も審査は厳し目に見られますので、まずは資金繰りを順調にしてからでないと、申し込んでも融資を受けることは難しいかと思います。

 

消費者金融なら直ぐに借り入れが可能ですが、金利負担が大きいので一時的に資金繰りが回復しても直ぐに返済が困難になり最悪の場合借り入れ前よりもひどい状況になりかねません。

 

 

そこでオススメなのがファクタリングです。

 

借り入れではない資金調達として近年日本の多くの企業が注目しています。

 

手数料がかかりますが、売掛金債権を資金に変えますので審査も比較的緩めで利用しやすいです。

 

事業運転資金のようなまとまった資金に即日の対応もできますので、長期的な取り引きにも最適です。

 

注意点として個人事業主は利用出来ないことです。

 

今のところ法人のみに対応した金融サービスですので、お間違えないように。

 

ここでは八千代銀行のビジネスローンについて解説していきます。

 

もし、法人の企業さんで借り入れ検討されている場合は、参考程度に見ていただければと思います。

 

八千代銀行では多くの事業者ローンを取り扱っており、スムーズな資金繰りをサポートしています。

 

一般事業向けのローンとしては「八千代プレステージローン」が挙げられます。

 

融資額は最高で1億円までと大口対応で、事業運転資金などのまとまった資金も安心です。

 

金利は審査結果に応じてとなりますが、中小企業会計に準拠されている場合、金利の引き下げもしています。

 

八千代銀行のの事業者向けのローンは「法人のみのローン」となりますので、個人事業主の方は利用出来ません。

 

ちなみに、審査通過の条件として「担保もしくは連帯保証人が必要」になりますので、八千代銀行のビジネスローンは利用条件自体はけっこう厳しいと言えるでしょう。

 

八千代銀行のような「銀行の融資」はハードルが高いですから、残念ながら借り入れできない企業も少なくありません。

 

融資を受けるまでの繋ぎとして審査が緩い消費者金融を借りる手もありますが、返済負担が大きくなってしまいます。

 

 

そこで売掛金の額に応じた資金化が出来るファクタリングがオススメです。

 

即日対応で一時的な利用は勿論ですが、大口資金化も可能ですので、メインの取り引きにも問題なく利用出来ます。

 

審査条件は会社によって多少異なりますが、売掛債権があれば審査には通りやすいので比較的甘いと言えます。

 

まずはファクタリングでいくら資金を調達できるのか診断してみるのもいいでしょう。

 

ファクタリング業者にもよりますが、無料のところもあるので参考にしてみてくださいね。

 

「北門ビジネスローン」は北門信用金庫が取り扱いする事業者ローンです。

 

融資対象者は北門信用金庫の営業区域内の事業者に限り、会員であることが必須条件です。

 

ほくもんビジネスローンの気になる融資額は最高で3000万円まで。

 

事業運転資金は7年、設備資金は10年まで借り入れすることが出来ます。

 

個人事業主は原則無担保・無保証で利用出来ますが、法人の場合は代表者1名が保証人となる必要があります。

 

銀行のローン商品のほうが審査は厳しいですが、北門信用金庫も信用金庫とはいえ決して審査は緩くはありません。

 

そのため、北門信用金庫の法人融資の利用条件を少しでも満たしていない場合は、審査落ちしてしまうでしょう。

 

 

消費者金融でも事業者向けのローンはあり、審査も甘めで通りやすいので借り入れはそこまで難しくありません。

 

ただ、融資額が少なく金利が高いですからメインの取り引きとしていくのは、会社の財政圧迫になりかなり厳しいといえるでしょう。

 

 

 

そこでオススメなのがファクタリングと呼ばれる資金調達のやり方です。

 

売掛金が安定的に毎月発生していれば、即日でも資金化が可能です。

 

しかも融資額も最高1億円まで可能ですので、つなぎ融資だけでなく銀行融資の代わりとしても十分すぎるくらいです。

 

リスクヘッジやキャッシュフローの改善も担っていますので、新たなメイン取り引きとして検討してみると良いのではないでしょうか?

 

 

 

SKYCREDIT(スカイクレジット)のビジネスローンは、最高融資額1000万円、年率は5.00%以下、法人又は個人事業主の方が利用可能です。

 

借入期間は5年と比較的余裕を持って返済することが出来ます。

 

スカイクレジット株式会社の事業者向けローンは、原則無担保・無保証で利用可能ですが、大口の事業融資となるため、利用するための条件が厳しいようです。

 

もちろん、SKYCREDITの融資審査は甘くはないので、申込前に気になる店があれば必ず内容を確認するとよいでしょう。

 

またスカイクレジットの法人融資は「エリア限定」となりますので、該当地域でない方は利用不可となります。

 

 

もしスカイクレジットでの借入が無理なのであれば、銀行や消費者金融の事業者ローンであれば全国対応しているところが多いですから、そちらを検討してみるとよいでしょう。

 

但しどちらも審査は残念ながら甘くありませんので、借り入れできるとは限りませんのでその点はご了承下さい。

 

 

それ以外だと、売掛債権を専門業者に買い取ってもらい資金に変える「ファクタリング」というサービスもありますので、融資による資金繰りが苦しい場合は検討してみると良いかと思います。

 

消費者金融にも負けないスピード対応、銀行にも引けを取らない大口資金化が可能ですのでメインの取り引きとしても申し分ありません。
事業運転資金のような「大口のまとまった資金」を即日対応してくれる場合もあるので、重宝されている企業さんも多いようです。

 

気になる審査基準ですが、売掛金が発生していれば通りやすいほど緩めですので、まずは相談だけでもしてみると良いのではないでしょうか?

 

公的融資ということから「日本政策金融公庫」の事業性資金融資は信頼と安全性が高く、非常に人気の融資商品です。

 

融資限度額は事業運転資金であれば最高4800万円、設備資金だと7200万円まで可能です。

 

日本政策金融公庫では「担保と保証人」は内容に応じてとなりますが、担保があると金利は低くなります。

 

公的融資は大口融資・低金利ですので資金繰りとしてはこの上ない好条件です。

 

 

しかし、知ってのとおり日本政策金融公庫を利用するための条件はかなり厳しいのが現実です。

 

ヘタをすれば、銀行よりも借り入れするのが難しい場合もあるようです。

 

また、審査手続きも複雑で手間もかかるというデメリットが挙げられます。

 

かなり入念な事業計画書などを用意しなければならないのは言うまでもありません。

 

 

審査が甘いわけではありませんが、信用金庫・消費者金融等の金融機関でビジネスローンを申し込んだほうが融資は受けられる可能性はあるかと思います。

 

とは言え、ビジネスローン・事業者ローン・商工ローンであっても融資を断られる企業は多いです。

 

業績悪化している企業が少なくありませんので審査は以前よりもシビアと言えるでしょう。

 

 

資金繰りは何も借り入れによる方法だけではありません。

 

今は自社の債権を資金化させる金融サービス「ファクタリング」もありますので、日本政策金融公庫等の金融機関から融資を断られた場合はこちらを検討してみるのも良いでしょう。

 

毎月100万以上の売掛金が安定してあれば、税金滞納履歴があったり、債務超過、リスケ中であっても資金化できる可能性はあります。

 

ファクタリングは比較的利用条件が緩めで、審査に通るのは難しくないといえるでしょう。

 

ただし、残念ながら個人事業主・自営業者は利用は出来ません。

 

法人企業であれば利用はできるので、カンタン無料見積り診断などをファクタリング会社のHPで試してみるのもオススメです。

 

 

福島銀行ではそれぞれの企業の資金ニーズに合わせたローン商品を販売提供しています。

 

ここでは一般企業向けの事業者ローンを2種類解説したいと思います。

 

 

福島銀行クイックビジネスローンα・αII

事業運転資金・設備資金需要に迅速に対応するビジネスローン。
スピード審査で手間なく融資を行うのが特徴的です。
無担保・第三者保証人不要で、最高5000万円まで融資可能です。

 

利率は変動タイプとなりますが銀行の事業者ローンですので、返済負担は最小限に抑えてくれます。
また借入期間は最長10年となりますので、余裕を持った支払いが可能です。

 

利用条件は「福島県内に事業所を有し、1年以上の事業実績を有する」、「福島県信用保証協会の保証を得られる」、最低でもこの2つを満たしている必要があります。

 

 

福島銀行ビジネスローン・BIZフリー

簡単手続・スピード回答で融資まで手間をかけること無く資金繰りが可能なビジネスローン。
融資限度額は500万円、金利は年4.80%または年6.80%または年9.80%と、いずれも低金利。

 

カードローンタイプですので、設定された限度額内であれば繰り返し借入できますので、必要な時に資金調達が出来利便性が高いです。

 

 

 

福島銀行の事業者ローンは大口対応で低金利、また使い勝手も非常に良いのでかなり評判が良いです。

 

ですが、福島銀行の事業者ローンに申し込んでも融資を断られた企業も多く、それだけ審査が厳しいのも事実です。

 

福島銀行以外の金融機関から借り入れを行い資金繰りを順調にし申し込むという方法もありますが、基本的に銀行で審査が甘い所はありません。

 

商工ローンであれば審査が緩い業者は多いですが、リスクも大きいので利用は控えたほうが良さそうです。

 

そのような場合はファクタリングお勧めです。

 

 

借入れではないので、信用情報に履歴が残らず審査にも通りやすいです。

 

条件によっては即日資金化も出来ますので急な資金ニーズにも対応できます。

 

まずはファクタリングで資金繰りを行ない、その後に福島銀行に融資申し込みをしてみてはいかがでしょうか?

 

 

名古屋銀行では2種類の事業者ローンを取り扱っています。

 

めいぎんクイックビジネスローン(商工口)

事業運転資金・設備資金どちらも利用可能なローン。
融資額は最高で5000万円と大口の資金ニーズにも対応できる頼もしいローンです。
借入期間は最長で3年と短めですので、計画的な資金繰りが必要です。
担保は不要ですが、保証人は必要となります。
利用できるのは法人企業のみです。

 

事業者カードローン「アクティブ」

法人だけでなく個人事業主も利用可能な事業者ローンです。
最高で2000万円までの借り入れ限度額を設定していますので、幅広く資金ニーズにお応えできます。
融資期間は2年と短いです。
原則無担保で利用可能。
カードローンですので、設定限度額内であれば繰り返し引き出し可能と利便性が高いのも特徴です。

 

 

 

名古屋銀行の事業者ローンの利用条件は特に記載されてはいません。

 

但し銀行のローン商品ですので、厳しく審査されるのは間違いないでしょう。

 

愛知県に本店を構えていますが、めいぎんの営業区域内でなければ利用できないということではありません。

 

銀行に対し消費者金融のローンであれば審査は通りやすく、直ぐにでも資金調達が可能です。

 

審査が甘いというわけでもありませんが、審査透過率は銀行よりかは高い傾向にありますので、利用はしやすいといえるでしょう。

 

しかし、異常に審査が緩い場合は悪徳業者の可能性がありますので注意が必要です。

 

 

 

銀行の事業者ローンがダメでもファクタリングによる資金調達がありますので、資金繰りが上手くいかないのであれば利用を検討してみるとよいでしょう。

 

対応額が大きいので長期的な運用はもちろん、即日資金化も出来ますので短期返済資金としても最適です。

 

個人事業主は依頼できませんので、お間違えないようご注意下さい。

 

 

企業によっては事業運転資金がすぐにでも必要というケースが出てくるかと思います。

 

銀行のビジネスローンや貸金業者の事業者ローン、もしくは商工ローンで融資を受けようと思っても直ぐに借り入れが出来るわけではありません。

 

どうしても審査から融資までに時間がかかってしまい、融資による資金繰りには素早い対応が出来ないという欠点があります。

 

ビジネスをする上で資金は必要不可欠。

 

ショートしてしまっては倒産危機に晒されてしまいます。

 

 

また、銀行などの事業者ローンの審査基準は厳しいですから断られることも考えられます。

 

申し込めば必ずしも借り入れできるわけではありません。

 

 

では融資を断られた場合はどうすれば良いのか?

 

いくつか方法はありますが、オススメはファクタリングによる資金調達です。

 

 

 

借り入れではないので、審査方法が異なりますので、条件さえ合えば即日の資金調達も可能です。

 

消費者金融でも即日融資を売りにしたローンはありますが、融資額が低い場合が殆どです。

 

これに対しファクタリングなら1億円近くまで資金化が可能ですので、大口の資金ニーズにも応えられるのです。

 

素早い対応が魅力ですので、銀行からの融資を受けるまでのつなぎ資金としても利用出来ます。

 

急な資金繰りでもファクタリングであれば安心といえるでしょう。